インターネット利用環境、スマホが9割、PCは横ばい…LINEの定点調査

LINE株式会社が2020年下期のインターネット利用環境に関する調査結果を公表、日常的なインターネット利用環境は「スマホのみ利用」が5割で最多、デバイス別でもスマホ利用者が増加傾向で全体の9割超になりました。

LINEでは2016年4月から半期に一度、スマートフォンなどでのインターネット利用に関する定点調査を行っており、2020年下期の調査結果を発表しました。調査は2020年10月、全国の住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て抽出し、15~59歳の男女を対象に、調査員による個別訪問留置調査を行い、人口構成比に沿って合計806サンプルを抽出しました。

職場や学校での利用を含み週1回以上利用する日常的なインターネットの利用環境は、「スマホ」でのインターネット利用者は全体の94%に対し「PC」での利用者は46%、「スマホとPC」の併用者は44%、「PCのみ」での利用者は2%となり、構成比としての最多は「スマホのみ」での利用者が50%でスマホ・PCでのインターネット利用なしは全体の4%でした。

男女別の傾向では、女性のほうが、男性より「スマホのみ」での利用者の占める割合が高く、58%が「スマホのみ」の利用で、2016年4月の調査開始以降男女ともに、「スマホのみ」「スマホ+PC」での利用が増加傾向にあるとしています、また、女性では、調査開始以降「スマホ+PC利用なし」の割合が減少傾向にあります。

デバイス別の利用者の推移では、94%がスマホでインターネットを利用しており、2016年4月の調査開始以降、増加傾向にあり、日本全体で、スマホを通してインターネットを利用する人の割合が徐々に増加している様子がうかがえます。PC、タブレットの利用者はともに増減はあるものの、PCは約4〜5割、タブレットは2割前後で推移しています。ガラケー利用者の割合は、2016年4月の11%から減少傾向にあり、今回調査では4%でした。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,428フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事