fbpx

ピークスがドリームインキュベータ傘下で再始動、趣味・ライフスタイルコンテンツの価値拡張を目指す・・・枻出版社から24ブランドを引き継ぎ

趣味・ライフスタイル領域でコンテンツ発信とソリューション提供を行うピークス株式会社が、2月5日より投資会社の株式会社ドリームインキュベータ(DI)のグループ企業となり、”ファン・メディア・スタジオ”と銘打って事業を再始動することを発表しました。DIは昨年12月、株式会社枻出版社及び同社子会社であるピークス株式会社より、枻出版社が保有する一部の出版事業、及びピークス社の全事業を、新設した子会社(ピークス社の商号を続用)が譲り受け、新たな事業を開始することを発表していました。

再始動の背景

ワークライフバランスや余暇時間の過ごし方が見直される中、With/Afterコロナ時代においてリモートワークの推進など働き方や生活様式が大きく変わり始めていることを背景に、ピークスがこれまで関わってきた趣味やライフスタイルというフィールドや「好き」という価値観が生活者にとって無くならないものであると再認識し、”ファン・メディア・スタジオ™”として再始動するに至ったとしています。ピークスのメディアコンテンツサービスや企業・ブランドへのソリューション提供と、DIが得意とする産業を横断したビジネスプロデュースを掛け合わせ、将来的に持続可能な産業社会を目指すとのことです。

事業領域

ピークスは、3つの”with”を軸に事業を360°展開していくとしています。

ピークスの事業展開イメージ図(ドリームインキュベータ社 プレスリリースより)

【with Brand. ─ブランドへ─】
生活者の「好き」 に寄り添うメディアコンテンツ及びクリエイティビティを活用したソリューションを提供。専門メディアで蓄積した生活者のライフスタイルデータやインサイト分析に基づいた、マーケティング戦略・企画立案・制作など、さまざまな企業ブランドのコミュニケーションをデザインし、課題解決へと導きます。

【with Media. ─メディアへ─】
メディアブランドと協業し、コンテンツプロデュースやメディアコンテンツの最適化(コンテンツの映像化、メディアブランドのEC企画・運営によるD2C支援など)を提供。蓄積データを活用したメディアブランドDX支援や、ファンコミュニティの活性化に取り組みます。

【with People. ─生活者へ─】
専門性に特化したメディアプラットフォームを通じて、「好き」を楽しむ人たち(ファン)が夢中になる熱狂的なコンテンツを提供します。メディアからの発信のみならず、オンラインとオフラインを横断したファンコミュニティを加速させるD2C事業やコミュニティ運営、スクール・検定などを通して、コアなファンとつながり続けます。

ピークスが枻出版社より譲り受けた24の趣味・ライフスタイル系メディア

経営陣

代表取締役社長 兼 CEO:白土 学

・ピークスでは取締役マネージングディレクターとして、コンテンツを軸とした企業のマーケティング支援を軸に、
  趣味のある豊かなライフスタイルを実現する各種メディア、サービス開発やプラットフォーム運営等をトップマネジメントとして統括
 ・2021年2月より同社代表取締役社長CEOに就任。枻出版社、TBWA HAKUKHODO を経て、現職
 ・慶應義塾大学大学院経営管理研究科エグゼクティブMBA(経営学修士)在学中

代表取締役 兼 取締役会議長:半田 勝彦

・DI執行役員(インキュベーション部門)および投資先企業のひとつ、株式会社ボードウォーク取締役を兼務
 ・DIではメディア、コンテンツ、エンターテインメント領域を中心に主に事業投資先の発掘、投資実行、投資先企業へのハンズオンを実施
 ・博報堂 および博報堂DYメディアパートナーズを経て、DIに参加

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事