ヘリテージが枻出版社から「Lightning」「趣味の文具箱」など出版事業の一部を事業譲受

株式会社ヘリテージは、株式会社枻出版社が発行してきた「Lightning」「2nd」「CLUTCH Magazine」「趣味の文具箱」「Men’s PREPPY」「PREPPY」など、ファッション・カルチャー・ライフスタイル系の出版事業の一部と「グリル&ダイニング 用賀倶楽部」などの飲食事業を譲り受けると発表しました

枻出版社は2月9日に、東京地方裁判所に対し民事再生手続開始の申立てを行ったことから、監督委員の同意と裁判所の許可を得たうえで事業譲渡契約を実行する予定とのことです。

株式会社ヘリテージは今回の事業譲受と事業継続のために新設された会社で、同社代表取締役の齋藤健一氏など経営陣と適格機関投資家の黒越誠治氏、アレン・マイナー氏が出資しています。同社では、事業譲受をうけた媒体を生かし、これまでの雑誌・デジタルメディアに加えて、DX化の推進、コマース、リアルとオンラインでのイベントなどを行うなど、魅力を共有し、愉しみながら事業を成長させていくとしています。

【枻出版社からヘリテージへ事業譲渡される出版事業】
・Lightning(ライトニング)
・2nd(セカンド)
・CLUTCH Magazine(クラッチマガジン)
・趣味の文具箱
・Men’s PREPPY(メンズ プレッピー)
・PREPPY(プレッピー)
・カリフォルニアスタイル

【株式会社ヘリテージ 概要】
株式会社ヘリテージ
所在地   東京都港区赤坂3丁目19-1
代表者   代表取締役社長 齋藤 健一
事業内容  出版・IT・飲食
設立年月日 2020年9月

【株式会社枻出版社 概要】
株式会社枻出版社
所在地   東京都世田谷区玉川台二丁目13番2号
代表者   代表取締役社長 角 謙二
事業内容  出版
設立年月日 1973年10月

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事