米音楽配信サービスから4億ドルの未収ロイヤリティが著作権管理団体のもとへ【Newsletter Daily Edition】2/18号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の上映時間が判明し、話題に。2時間半とたしかに超大作のようですが、上映時間だけでここまで話題になるとは…。どれだけ待ち望まれているかが分かりますね。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

2月18日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

米ライセンス管理団体が、デジタルサービスプロバイダから計4億2438万ドルの未払いロイヤリティを受領 (Forbes 英文)

音楽ストリーミングおよびダウンロードサービスにおけるライセンスを管理するMechanical Licensing Collective (MLC)が、2018年の音楽近代化法によって確定した、作曲家や音楽出版社がAppleやSpotifyなどから未収だったライセンス料とその利用状況のレポートデータを受領し、一元管理しているとのこと。これから、データをもとに適切な著作権保有者を特定、ロイヤリティの分配を行うそうです。

バズフィードがハフポストの買収を完了、編集長探しは継続中 (New York Post 英文)

昨年発表された、バズフィードによるハフポストの買収が完了したようです。ハフポストは、前編集長のリディア・ポルグリーン氏がSpotifyの子会社GimletMediaの責任者へ就任して以降、編集長不在とのこと。

「フォートナイト」開発元、アップル相手取りEU当局にも提訴 (ロイター)

音声SNSブーム到来!? Clubhouseで感じた視覚/聴覚メディア、主/副の関係とは? (インプレス Web担当者Forum)

コロナ禍で不動産バブル崩壊危機 メディア、エンタメ業界への影響も (マネーポストWEB)

2月18日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

LinkedInがクリエイター支援を強化、ビジネスコミュニティ路線を強化か【会員限定】

LinkedInは、グローバルなビジネスコミュニティとなることを目指しており、クリエイターを支援し、コンテンツを拡充するためのマネジメントチームを発足すると発表しています。

ニューヨーク・タイムズ、子供向けのサブスクリプション製品を開発中【会員限定】

サブスクリプションビジネスで成長を続けているニューヨーク・タイムズが、子供向けコンテンツのサブスクリプションサービスを開発中のようです。収益を上げ続けるには、購読を開始してもらうだけでなく、継続してもらう必要があるわけですが、将来の購読者を育成するための子供向けコンテンツというコンセプトが重要視されています。

マイクロソフト、記事使用料の支払いを義務付ける豪法案を支持…検索サービス「Bing」に注力【会員限定】

豪政府とグーグル、フェイスブックが対立するなか、マイクロソフトは記事使用料支払いを義務付ける法案への支持を表明。オーストラリアで苦戦する「Bing」のシェアを拡大したい考えです。

ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」ユーザー向けにライブコマースパッケージ「ライコマ」を提供

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事