fbpx

メディアドゥの通期業績、電子書籍好調で増収増益・・・今期は売上1000億円の大台予想

株式会社メディアドゥが13日に発表した2021年2月期の連結業績(2020年3月1日~は、売上高835億4000万円(前年同期比26.8%)、営業利益26億6400万円(43.8%)、経常利益27億2000万円(54.4%)、親会社株主に帰属する四半期純利益15億1900万円(71.7%)となりました(決算短信)。

当連結会計年度においては、2020年10月に買収したNagisaとのシナジーの早期発現に向けた積極的な広告投資や、電子出版のみならず紙出版も含めた売上・印税管理に対応する出版ERPの開発にも注力するなど、次年度以降に向けた布石を着実に実行しました。「Legacyを創りに行く」においては、電子書籍市場の更なる拡大を促すために、電子と紙の本それぞれの利点を生かした「安心・便利」を感じられる仕組みの提供を目指すとともに、新たなデジタルコンテンツの配信モデル、アセットモデルとして当社グループが提唱する「DigitalContentAsset」の実現に向けて、ブロックチェーン技術を用いた新流通プラットフォームの研究開発を推し進めました。その結果、売上高は82,349百万円、セグメント利益は2,594百万円となりました。

その他事業については、引き続き、収益拡大や成長促進に向けた積極的な投資を行いました。ビジネス書の要約配信サービス「フライヤー」は、テレビCMの継続的な実施により認知向上が図られ、特に法人プランの契約社数は2年前の3倍の伸び率で急成長するなど、ユーザー数は堅調に増加しました。また、一層の事業拡大のため株式会社マイナビ等に対してA種優先株式を発行し、第三者割当増資を実施しました。そのほか、MyAnimeListについては、日本法人化するとともに複数の外部のコンテンツホルダーから資本を受け入れるなどし、更なる事業拡大に向けた事業展開を図ってます。その結果、売上高は1,190百万円、セグメント損失は248百万円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高1000億円(前年同期比19.7%)、営業利益30億円(12.6%)、経常利益28億2000万円(3.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益16億円(5.3%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

オフィス復帰かリモート継続か、悩むメディア経営者【Media Innovation Newsletter】5/9号

「私達の労働を評価しないことは、大きなリスクがあると理解してもらたいと考えています。CEOのキャリー・メリルが公に、私達の生活を脅かした事に強く失望しています。抗議のため、私達は今日の記事公開を取り止めます」

ツイッター、「世界報道自由デー」でローカルジャーナリズムを支援するキャンペーン

5月3日は、「一般市民が報道から正しい権利を得る...

ミクシィの通期業績、『モンスト』などエンタメ好調で大幅な増収増益

株式会社ミクシィが7日に発表した2021年3月期...

お知らせ

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事