ジャーナリズムのDXは、単なる「デジタル移行」ではない【Media Innovation Newsletter】5/29号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。昨日、「プレミアムフライデー」だということに気づきました。コロナ禍になって、すっかり忘れ去られましたね。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

5月29日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

あなたのメディアは、誰に、何の価値を提供しますか? 古田大輔氏インタビュー 前編【デジタル人材戦略】

Google News Labのティーチング・フェローとして、ジャーナリズムのイノベーション推進を支援する活動を行う、ジャーナリストの古田大輔氏。ニューヨーク市立大学のメディア幹部向けプログラムに参加し、世界各国のメディアのリーダーと共にデジタル時代のジャーナリズムについて学びを深めるなかで、ジャーナリズムの根底にあるべき「社会にどのような価値を提供するか」という前提を再認識した古田氏が、日本のジャーナリスト育成の課題と未来について語っています。

ロイターのペイウォール設置、ニュース供給契約違反の指摘を受け、延期へ (Reuters 英文)

Reuters.comではペイウォールが設置されることが発表されていましたが、ロイターがニュースコンテンツを提供する金融データ会社のRefinitiveと、有料化がニュース供給契約に違反するかどうかという論争が起きていました。話し合いは継続中で、延期の期間は未定のようです。

デジタル庁は「何に」「どのように」取り組むのか? 5つの重点施策とは (ビジネス+IT)

FB発行のデジタル通貨、米国議会の反発受けて現実路線に (JDIR)

AIで漫画のキャラを自動着色、作業時間を半分以下に ピクシブとPFNが法人向けに試験提供 (ITMedia)

ツイッターがグローバルで展開予定の有料「プレミアム」サービスを予告 (TechCrunch)

「デジタル広告市場の競争評価 最終報告」への意見を提出 新聞協会 (日本新聞協会)

5月29日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

ニュース界において優勢な男性の声・・・どうすればジャーナリストと女性専門家がこの状況を変えていけるのか【会員限定】

ABCが「ニュース報道に登場する男女の割合を均等にする」という目標を達成したと発表。しかし、ニュース利用者や情報源となる専門家の男女比はいまだに男性の方が多いとのこと。今後、女性の専門家がより多くニュースに登場するようになるためには、ジャーナリストはどのような取り組みを行なっていけばいいのでしょうか。

広告会社が考えるNFTの可能性とは?博報堂DYメディアパートナーズ 髙橋信行氏

東京五輪オフィシャルパートナーの朝日新聞社、オリンピック中止を求める社説を掲載・・・「公正な視点で報じていく」

アイティメディア、AI・RPAメディア「RPA BANK」を譲受へ・・・メディア会員向けサービスを強化

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事