fbpx

メディアドゥ傘下のアニメ・マンガコミュニティ「MyAnimeList」、KADOKAWAなど4社による3億1,100万円の増資引き受け

株式会社メディアドゥの子会社で、世界最大級のアニメ・マンガコミュニティ「MyAnimeList」を運営する株式会社MyAnimeListが、2021年2月18日付で発表された総額12億円の新株発行による増資において、新たに計3億1,100万円について、株式会社アカツキ、株式会社アニメタイムズ社、株式会社KADOKAWA、合同会社DMM.comが第三者割当方式により引受先となることを発表しました。

MyAnimeListとは、月間利用者数1,800万人、月間ページビュー数2億7,000万PV、公式アプリ100万ダウンロード超を誇り、世界230以上の国と地域のユーザーが利用する世界最大級の日本アニメ・マンガのコミュニティ&データベースです。2005年の誕生以来、海外ファンにとって日本のアニメ・マンガに関する重要な情報源となっています。

近年の動画ストリーミングプロバイダーの躍進で、日本アニメ・マンガは海外で更に注目度を高めています。しかし同社は、コンテンツホルダーやそのIPを活用した各企業にとって、海外のアニメ・マンガファンに効果的かつ自由度高くコンテンツを届けたり、インバウンドやアウトバウンドに対する広告を検討できたりするマーケティングプラットフォームはまだ少ないと指摘しています。

このような状況のなか、MyAnimeListは、海外の日本アニメ・マンガファンの興味や需要を捉えた有効なIP販売およびマーケティングプラットフォームとして更なる規模拡大を目的として、総額12億円の新株発行による増資を決定。2月には株式会社講談社、株式会社集英社、株式会社小学館、メディアドゥが計6億円を引き受けることを発表しています。

今後は、データベース更新の効率化やUI/UXの改善、メニュー多言語化(現在は英語のみ対応)など現行のサービスを改善するほか、さらなるユーザーの獲得・再訪率改善を目的に、新サービスとしてオリジナル動画コンテンツ配信、NFTを活用したデジタルファンアイテムの提供、各種デジタルコンテンツ配信を行っていくとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事