オプト、ポストCookie時代に対応する統合データ活用プラットフォーム「ONE’s Data」を提供

デジタル広告・デジタルマーケティングを手がけるオプトは、22日、ポストCookie時代における統合データ活用プラットフォーム「ONE’s Data(ワンズデータ)」をリリースし、提供を開始しました。

現在、GoogleのサードパーティーCookieの廃止など、デジタルマーケティングにおけるユーザーのプライバシー保護が強化されています。そのため、生活者のプライバシー保護とマーケティング活動の両立を可能にするような新たな手法の策定やテクノロジーのニーズが高まっていました。

「ONE’s Data」は、Google Cloud PlatformのBigQueryを最大活用したデータ活用プラットフォームで、ウェブ上やアプリ上でのユーザーの行動を計測するとともに、各社の所有するデータプラットフォームと統合し、自社で蓄積したユーザーデータのサイロ化を解決します。プライバシー保護を考慮したデータ活用が可能となるサーバーサイドAPIの実装を強化することで、Cookieレス対応を素早く、低価格で行うことが可能になります。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事