人気ポッドキャスト「歴史を面白く学ぶコテンラジオ」のCOTENが総額8,400万円の資金調達・・・5社及びエンジェル投資家4名から

Apple Podcast ランキング1位の「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を運営する株式会社COTENが、総額8,400万円の資金調達を実施しました。引受先は、株式会社REAPRA、株式会社ドーガン・ベータ、一般財団法人都築国際育英財団、株式会社ウラノス、ゼロトゥワン株式会社、並びにエンジェル投資家4名です。

調達した資金は、2021年中にβ版のリリースを目指す世界史データベース「coten(仮称)」の開発資金に充当される予定です。

COTENは、「人類が、人類をより深く理解することに貢献する」をミッションに掲げ、目下、世界史データベースを開発中です。同社は、「世界史のデータベース化」により、別々の切り口で書かれた歴史情報・知識を同じ型に揃えて整理し、歴史的事象を俯瞰的に捉え、横並びでの比較や調査を可能にすることを目指しているとのことです。

世界史データベース「coten(仮称)」の基本構想は完了しており、β版開発に向けて今回の資金調達を実施。今後は、β版の開発を通じて、完成形のUI/UXや、完成後のマネタイズモデルを確立していくとしています。

「世界史」データベース事業の広報活動として開始されたポッドキャスト番組「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」は、Apple Podcast ランキングで1位を獲得(2021年6月30日現在)。今回の出資者の中にはCONTEN RADIOに魅了されて出資を決めたという人もあり、資金調達にも大いに寄与しているといえます。

COTENの代表取締役・深井龍之介氏は、「世界史」のデータベースで数千年分のケーススタディを体系的にまとめて検索可能にし、人類の叡智を活用できるようにしたいとし、「完成すれば世界初になるであろうこの事業だけでなく、Podcastを使った企業の広報活動や、短期的ではなく長期的に社会的価値とインパクトがありマネタイズが可能な事業を推進する新しい「会社」の形も実現できたらと思っています」と述べています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事