オールアバウトがD2C事業「イチオシストア」を開始・・・公認YouTuberプロデュースのこだわりの逸品を販売

株式会社オールアバウトが、株式会社NTTドコモと共同運営するメディア「イチオシ」の派生サービスとして、D2C事業「イチオシストア」を開始したと発表しました。イチオシストアの運営主体は株式会社オールアバウトとなります。

「イチオシ」は、総合情報サイト「All About」に所属するガイド(専門家)のほか、特定ジャンルに特化したYouTuberを「イチオシスト」と称し、彼らが普段から愛用しているモノ・サービスなどイチオシしたいものを、思いを込めたストーリーをもって紹介するサイトです。

コロナ禍でのオンラインショッピング需要の高まりもあり、デジタルを通じて顧客と直接つながるD2C(Direct to Consumer)は2025年には3兆円規模にまで達する見込みといいます(出典:売れるネット広告社「デジタルD2Cの市場動向調査」)。

このような背景のもと、オールアバウトは、数々の商品を体験してきた「イチオシスト」だからこそ生み出せるアイデアやセンスを商品化し、ファンの方々とも企画段階から情報共有していくことで、共感性と満足度の高い購買体験の提供を目指すといいます。

具体的には、新たに開設された「イチオシストア」で「イチオシスト」によるオリジナル商品の企画・製造・販売まで一括してサポート。第一弾商品は、日々のごはん作りの様子をYouTubeで発信するVlogger「slice a lemon」プロデュースによる「まな板」です。

現在もイチオシストの公募を受付中で、登録数は500名を突破、総チャンネル登録者数は1,000万人に迫る勢いだそうです。イチオシストに登録すると、オリジナル商品の開発サポートを受けられるほか、提供したコンテンツが「イチオシ」や提携メディアに配信されたり、「動画活用タイアップ」に参加することができ、認知度向上やYouTube内広告以外での収入増加が期待できるとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger