熊本日日新聞、夕刊を9月末で休刊・・・「紙+デジタル」で変化に対応

熊本日日新聞社は、夕刊を9月末で休刊し、朝刊と夕刊を統合した新しい朝刊を10月1日から発行することを発表しました。

新しい朝刊では、重大な事件や事故がなぜ起きたのか、どんな対策が必要かなどについて深く踏み込んだジャーナリズムの強化を目指すと同時に、わかりやすく、親しみやすい紙面に刷新します。

電子版は、読者との双方向通信性を生かして朝刊と連携し、主にニュースを瞬時に届ける速報分野を担当。読者の疑問や意見を取り入れた紙面を展開するなど、「紙+デジタル」によって、身近で役に立つ、より深い情報を届けるとのことです。

生活様式の変容やネット社会の進展などメディア環境の変化により、朝刊を速報面で補完する夕刊の役割は小さくなってきたものの、伝えるべき重大な出来事や事件、災害等が内外で多発するなど、これまで以上に報道の役割が重要になっていることから、従来の朝・夕刊モデルを見直しに至っています。

なお、夕刊の人気コーナーなどの一部は朝刊に掲載を継続するとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事