JX通信社、シリーズCラウンドで約20億円の資金調達を実施・・・ビッグデータ・AI活用のリスク管理ソリューションを強化

株式会社JX通信社は、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社、SMBC日興証券株式会社と、既存株主であるグローバル・ブレイン株式会社、ABCドリームベンチャーズ株式会社(朝日放送グループ)の計5社を引受先とした第三者割当増資を実施したことを発表しました。また、これに伴い、同社とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は資本業務提携契約を締結しています。

加えて、株式会社商工組合中央金庫など計4行からの借入も実施。シリーズCラウンドでの調達額は総額20億円となり、累計調達額は約35億円となりました。

JX通信社は、SNSをはじめとする各種ビッグデータからリスク情報を検知・配信する「FASTALERT(ファストアラート)」などのソリューションを提供する報道機関です。「データインテリジェンスの力でより豊かで安全な社会を創る」をビジョンに掲げ、データ、AIを活用した迅速な報道により、社会・企業のリスク管理、課題解決に取り組んでいます。

「FASTALERT」は、日常的な取材活動に必要不可欠なツールとしてNHKと全ての民放キー局、全ての一般紙に採用されるなど、国内の大半の報道機関に浸透。報道機関以外にも、防災やBCP(事業継続計画)、障害監視やサプライチェーンのリスク管理など広範なニーズに対応する情報ツールとして、幅広い業種の顧客に導入されているといいます。

報道価値の高いニュースをAIで速報するニュース速報アプリ「NewsDigest」は、総ダウンロード件数が約500万件に到達し、月間アクティブユーザー数が前年比4倍の成長と大きく成長。最近では、音声合成などのテクノロジーを駆使した自動電話調査ソリューション「JX通信社 情勢調査」も全国の報道機関で採用が進んでいるのことです。

同社は、今回のシリーズCラウンド調達資金を、主力事業のFASTALERTを軸とした「データインテリジェンス・プラットフォーム」を強化するための開発・営業体制強化に充てる予定としています。

■第三者割当増資引受先

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(MS&ADインシュアランスグループ)
JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社
SMBC日興証券株式会社
グローバル・ブレイン株式会社(当社既存株主)
ABCドリームベンチャーズ株式会社(当社既存株主/朝日放送グループ)

■融資引受先(融資枠設定含む)

株式会社商工組合中央金庫
株式会社日本政策金融公庫
株式会社三井住友銀行
株式会社三菱UFJ銀行

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Z Venture Capital、日本製ヘッドレスCMSを提供するmicroCMSに出資

Zホールディングス株式会社のコーポレートベンチャ...

関連記事