ニュースルームはTikTokで若者を取り込めるか【Media Innovation Newsletter】8/26号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。日清「カップヌードル」が世界で500億食を販売したとのこと。お店とコラボしたリッチなカップ麺も増えていますが、なぜか食べたくなってしまう味です。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

8月26日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

ワシントンポストがTikTokに注力・・・専門チームに2つの新しいポジション (ワシントンポスト 英文)

米ワシントンポスト紙は、2年前にTikTokチャンネルを開設。政治や気候変動などをテーマに毎週10本のビデオを投稿し、フォロワー数が100万人を超えるまでに成長しています。ダウンロード数で世界一位に踊り出たTikTokでのさらなるユーザー獲得を目指し、専門チームへ2つの役職を追加、従業員を募集すると発表しました。

米国人の4割が「SNSは新型コロナのニュースを得る重要な手段である」と考えている (ピュー研究所 英文)

ピュー研究所の調査によれば、アメリカ人の約半数が、ワクチンに関するニュースや情報をソーシャルメディアで一部(30%)または多く(18%)入手していると回答。また、ソーシャルメディアを最も重要な手段と考えているのはわずか6%で、33%は重要だが最も重要な手段ではないと答えています。

韓国の「言論統制」法案、採決延期 (産経ニュース)

【独自】デジタル庁事務方トップに石倉洋子・一橋大名誉教授起用へ (TBS NEWS)

「新聞広告の効果測定」はここまで可能に!日経と電通の挑戦 (電通報)

プログラマティック広告最新トレンド! 次世代広告配信プラットフォームについて (生活者データ・ドリブン・マーケティング通信)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(前編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先 (ITmedia)

8月26日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

Spotifyのポッドキャスト有料サブスクリプションを「米国の全てのポッドキャスター」が利用可能に・・・2022年まで手数料0%【会員限定】

Spotifyの有料ポッドキャストは、4月に米国でテストを開始していましたが、今回米国の全クリエイターが利用可能に。実質的な正式リリースと言えます。アップルと比べ、手数料が低く設定されているほか、他プラットフォームへの配信のハードルも低いようです。

中国で「個人情報保護法」が可決・・・テック企業のデータ取り扱いを規制【会員限定】

今回可決された新法は、企業がユーザーデータを収集する際の規則を定めており、EUの一般データ保護規則(GDPR)に相当するものと言われています。中国では政府によるテック企業への規制が強まっており、この法案は規制を加速させるものと見られます。

ニュースメディア上の広告はSNSより記憶に残りやすいという調査結果・・・非助成想起率はフェイスブックの2倍以上【会員限定】

オトナル、デジタル音声広告の広告主向け分析ダッシュボード「Otonal Ad Report」を提供開始・・・広告配信状況がリアルタイムで確認可能に

LINE、トークリスト最上部に配信できる運用型広告「Talk Head View Custom」を提供

ソウルドアウトがCookieレス時代のソリューション「DATA CONTROL」の提供を開始・・・ファーストパーティデータで補完

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,395フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事