楽天、NFT事業に参入発表・・・楽天の各種サービスと連携する「Rakuten NFT」を来春提供開始

楽天グループ株式会社が、ブロックチェーン技術を活用した「NFT」(Non-fungible Token:非代替性トークン)の事業に国内で参入することを発表しました。

楽天は、2016年8月にブロックチェーン技術に特化した研究開発組織「楽天ブロックチェーン・ラボ」を開設、2019年8月からは楽天ウォレット株式会社において、暗号資産における現物取引サービスを国内で提供してきました。

今回楽天は、スポーツや、音楽・アニメをはじめとするエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTをユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTを発行したり、販売サイトを構築したりできる独自のプラットフォームをあわせ持つ「Rakuten NFT」の提供を2022年春に開始することを決定しました。

これにより、ユーザーは、IPホルダーが「Rakuten NFT」で発行するNFTを購入し、ユーザー同士で取引することが可能に。決済には楽天IDを使用でき、楽天ポイントを貯めたり、使ったりできるようになる予定です。

また、IPホルダーは、ブロックチェーンに関する専門的知見がなくても、自身で技術開発を行うことなくNFTを発行・流通させることが可能になるといいます。さらに、楽天が運営する他のサービスにおいて、ユーザーが商品の購入や使用条件を満たすとNFTを景品として獲得できるなど、様々なサービスと連動したプラットフォームとしても活用できるようになる予定とのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Z Venture Capital、日本製ヘッドレスCMSを提供するmicroCMSに出資

Zホールディングス株式会社のコーポレートベンチャ...

関連記事