エルテスとJAPANDX 地方公共団体のDX化を目指すプロジェクト・・・岩手県紫波町と連携し住民総合ポータルアプリ「しわなび」をリリース

デジタルリスク事業及びDX推進事業を展開する株式会社エルテスと、その100%出資子会社である株式会社JAPANDXが、公民連携プロジェクトの第一弾として岩手県紫波町(しわちょう)と連携し、住民総合ポータルアプリ「しわなび」をリリースしました。

「しわなび」とは、紫波町が提供する様々な情報を網羅し、一覧できる情報ポータル機能を持った総合ポータルアプリです。本アプリを通じて、町からの大切なお知らせや防災情報、地域交通、デマンド型乗合バスの予約、健康増進アプリなどの行政サービスにアクセスが可能になるといいます。

「しわなび」は、JAPANDXが提唱する「地方公共団体スーパーアプリ構想」のモデルケース。「地方公共団体スーパーアプリ構想」とは、地方公共団体における同社のDXプロジェクトのひとつです。同プロジェクトでは、都市OS(データ連携基盤)を活用して、住民のための地域課題解決型サービスを集約した「住民総合ポータルサービス」+「アプリケーション」=「スーパーアプリ」の開発・運用を行います。

本プロジェクトは、地方公共団体からはアプリの広告権やデータ活用権の提供を受け、民間企業に出資してもらう「デジタルPFI」構想に基づいて推進されます。今後、エルテスとJAPANDXは、全国1,700の地方公共団体を対象として、「住民総合ポータル」アプリを搭載した「スーパーアプリ」の提供を目指すとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事