ワシントン・ポスト、ニュースレター製品「202ニュースレター」をアップデート・・・よりコンパクトに、個性を重視したニュースレターへ

現地時間13日、米国の日刊紙ワシントン・ポストは同紙の主要ニュースレター「202ニュースレター」シリーズのアップデートを行いました。その詳細をアクシオスが報じています。

アップデート後のニュースレターは、読者にとって理解しやすく、個性を重視したものになるとのことです。具体的には、早朝のニュースレターの語数は現行の約2000語から1400~1500語へ、深夜版の語数は約3400語から約2400語程度へと削減され、「読者に最短の形式で最高品質のジャーナリズムを提供する」としています。

同時に、著者や編集者と読者の間の双方向のコミュニケーションを活性化するキャンペーンをニュースレター内で開催していくとのことです。

早朝のニュースレター「Power Up」は、「The Early 202」という名前に変更されます。これは、Power UpのライターであるJackie Alemany氏と、「ポリティコ」出身のTheo Meyer氏が共同で執筆。Meyer氏は、政治分野の取材経験が豊富な記者で、議会や政府機関、裁判所などのカバー範囲をさらに強化するとしています。

また、新たに気候変動などのテーマを専門に扱うニュースレター「The Climate 202」を立ち上げ、最新のトレンドや読者のニーズの変化へ対応するとのこと。

「202ニュースレター」担当編集者のRachel Van Dongen氏は、競争がますます激化するニュースレター分野で、同社がどのように競争力を維持していくのかを聞かれ、「競合他社との差別化を図る最大の要因は、我々がワシントン・ポスト社であり、クラス最高の政治記者を擁していることです」と答えています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Z Venture Capital、日本製ヘッドレスCMSを提供するmicroCMSに出資

Zホールディングス株式会社のコーポレートベンチャ...

関連記事