DACと博報堂アイ・スタジオ、広告体験を損なわずにエンゲージメントの最大化を目指す「RCPS」提供開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)株式会社 博報堂アイ・スタジオは、エンゲージメントの最大化を目指すサービス「Rich Creative Promotion Service(RCPS)」の提供を開始しました。

「RCPS」は、データ活用による最適なクリエイティブ選定を行い、広告体験を損なわずにエンゲージメントの最大化を目指すサービスです。広告体験を意識したクリエイティブ制作から配信準備、配信、分析までをワンストップで提供し、独自指標を含めて配信データを活用して、クリエイティブのPDCAを回す環境を提供することにより、広告接触者の能動的な反応や関心度、クリエイティブデザイン改善などを行うといいます。

DACの運用型広告の知見や分析力、博報堂アイ・スタジオの実績豊富なクリエイティブ制作力を活かした共同のクリエイティブチームの発足により、サービスを提供。「RCPS」第一弾として、Googleが提供するツール「Display & Video 360(DV360)」と「Google Web Designer(GWD)」を活用した広告接触者の反応を詳細に分析できる「Rich Creative」を提供します。

今後は、インタラクティブ性の高いフォーマットの提供や、APIを活用した1to1コミュニケーションが取れる広告配信、機械学習モデルを活用した分析や配信など、「RCPS」のサービスを拡大していくとのことです。

「Rich Creative」の特徴

Rich Creative」は、Googleが提供するツール「DV360」と、ノーコードのHTML5コンテンツ作成ツール「GWD」を用いたサービスです。リッチクリエイティブフォーマットの制作から配信、GWDを用いるからこそ取得できる独自指標を活用した分析環境を提供。これまでのディスプレイ配信に比べ、より広告接触者の反応を細かく可視化し、データドリブンにPDCAを回すことができます。

「GWD」の活用により、シームレスに「DV360」へ連携するだけでなく、これまでディスプレイ広告では取得しづらかった細かなレポート指標の確認に対応。スワイプモーション回数やスライド毎のクリック数、平均表示時間やカーソル合わせ時間などを確認することができます。これらの指標を活用し、広告接触者の能動的な反応や興味関心度、クリエイティブのデザイン評価など、より深いクリエイティブ分析と活用に対応します。

先行して実施した「パノラマ」フォーマットの自社トライアル配信では、CTRが通常バナー広告に比べ約200%向上。広告接触者のスワイプ行動による内容理解の傾向も把握でき、エンゲージメントに効果があることが確認できたとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,428フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事