ウェブストーリー動画「Firework」、AMEX Venturesと戦略的資本提携・・・成長するライブコマース市場で存在感示す

ウェブストーリー・ライブコマース プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologiesは、アメリカン・エキスプレスのベンチャーキャピタル部門である米AMEX Venturesとの戦略的資本提携を行ったことを発表しました。

Loop Now Technologiesによれば、APAC市場ではショッパーテインメント(Shopper+Entertainment)がすでに広く普及しており、特に中国では、ライブコマースの市場規模が2022年末までに4,090億ドルに達すると予測されているほか、米国のライブコマース市場は2021年末までに110億ドル、2023年には250億ドルになると予想されている(Coresight Research社の最新レポート)と紹介。そのような状況のなか、「Firework」のライブコマースやショッパブル動画を600以上のブランド・小売業者・中小企業が採用しており、拡大が見込める市場競争で優位な位置にいるとしています。

「Firework」はこれまで、食品・医薬品小売業者「Albertsons」「Safeway」「Jewel-Osco」など20以上の有名チェーン店を束ねる「Albertsons Companies」との独占的パートナーシップをはじめ、小売分野で複数の大規模なパートナーシップを結んでいます。今回の投資も、これらのパートナーシップの一部とのことです。

AMEX VenturesのグローバルヘッドであるHarshul Sanghi氏は以下のように述べています。

「私たちは、イノベーションがブランド価値を高めることを知っており、フィジカルな世界とデジタルな世界の両方で消費者の体験を変えていきたいと考えています。Fireworkへの投資は、当社をEコマース市場の最先端に位置づけ、将来的には当社の小規模事業者のネットワークが収益を上げ、画期的で心躍る方法で顧客と交流できるようになると信じています」

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,452フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger