急拡大する「ネット予約市場」に着目、理美容店のサインドが上場

サインドが17日、東証マザーズへの新規上場を承認された。上場日は12月22日を予定。右肩上がりの成長を続け、2021年3月期には売上高8億円、経常利益1.9億円をあげた。

注目する理由: 理美容サービスにおけるネット予約市場は、2015年の2,420億円から2020年には6,229億円に伸びた。急成長市場で、理美容店舗向けのSaaSを展開する。

代表の奥脇隆司氏は1988年生まれ。2011年に比較.com(現手間いらず)に入社し、そこで旅行予約サイトコントローラー事業に触れる

ネット予約市場の可能性を感じ、目をつけたのが美容業界。予約受付は多くの場合電話で行われており、紙ベースで管理していた。

BeautyMerit 事業数値

展開する「BeautyMerit(ビューティメリット)」は、理美容店舗に対して最適な顧客体験を構築することを手助け。予約管理からブランディングまで、サロンの売上アップを支援する。

メニューやスタイリストの紹介、クーポンや決済機能も搭載。集客・予約サイト12つと連動可能で、ポイント機能やアプリ内EC機能までを完備するほか、Instagramからも予約できる。

契約店舗数は9月末時点で5,518店舗、ARPUは14,575円でチャーンレートは0.67%に改善。ARRは9.65億円と急成長を続ける。直販営業に加え、美容商材の販売を行う理美容ディーラーとも提携、紹介手数料を支払う。

株式の想定売出価格は2,940円、上場時発行済株数は5,800,000株。想定時価総額は170億円となる。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...
Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger