ヤフーがDoubleVerifyと連携・・・アドフラウド排除とブランドセーフティ確保を強化するリアルタイム不正解析機能を導入 

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)は、DoubleVerify(ダブルベリファイ、DV)が提供するアドフラウド排除とブランドセーフティ確保を強化するPre-bid(広告配信前制御)によるリアルタイム不正解析機能の導入を開始しました。

この機能は、DVの解析結果をもとに、広告リクエストが発生した瞬間に不正の有無を判定。不正と検知した場合、広告配信を停止します。広告主は特別な手続きや追加費用を支払うことなく、DoubleVerifyによるアドフラウドの排除とブランドセーフティの確保が実装された環境で「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」を利用できるようになります。

DoubleVerifyのリアルタイムによるアドフラウド排除およびブランドセーフティ確保の機能を広告プラットフォーム全体に標準装備するのは、Yahoo! JAPANが初の試みだということです。

<機能イメージ>

Yahoo! JAPANは、これまでも広告配信面を厳正に審査しており、2018年10月にアドフラウドへの対策の強化で約5,900件の広告配信を停止。2019年5月には、独自の「広告品質における3つの価値と6つの対策項目(広告品質のダイヤモンド)」を定義し、2020年8月からは定期的に「広告サービス品質に関する透明性レポート」を公開しました。さらに、一般社団法人デジタル広告品質認証機構(JICDAQ)が定める「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外」と「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保」に関わる業務について、認証基準に適合した事業者として認証を取得しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事