凸版印刷、メタバース市場を見据えたバーチャルショッピングモールアプリ「メタパ」提供開始

凸版印刷株式会社は、メタバース市場の拡大を見据えたバーチャルショッピングモールアプリ「メタパ」の提供を2021年12月15日より開始します。

「メタパ」は、ショッピングモールのように、仮想空間上に構築した複数の店舗を1つに集約したスマートフォンアプリです。メタバース市場の拡大を見据えて開発。出店店舗の第一弾として、ベータ・ジャパン合同会社の「Virtual b8ta」がオープンします。

凸版印刷は2021年3月に、店舗を仮想空間上に構築し、リアル店舗とも連携して相互に行き来できるサービス「IoA Shopping」を開発し、実証実験を行っています。

今回、これまで実現していなかったショッピングモール感覚での複数店舗の周遊を実現。「メタパ」は店舗レイアウトをシンプルにしてCG構築コストを抑えているため、より多くの店舗が参加しやすくなっているといいます。また、利用したい企業や店舗は、仮想空間上でバーチャル店舗の構築、アプリへの搭載、ECサイトへの連携をワンストップで実現できます。

利用価格は300万円~/1店舗(バーチャル店舗や商品の3DCG企画/制作などを含む)。今後、「メタパ」に出店する企業や店舗を募集し、2021年度内に月間1万人以上のアクセス数を目指します。また、ショールームやオフィス、スポーツや観光などもできるメタバースを構築していくとのことです。

なお、提供開始に先立ち、2021年12月6日~8日に開催される「第1回 商業施設・店舗DX展」の凸版印刷ブース(西展示棟、小間番号20-23)に出展。「メタパ」を実際に体験することができます。

「メタパ」の特長

仮想空間上に構築された複数店舗が1つに集約されたアプリであるため、1つのアプリで複数の店舗を周遊することができます。出店している企業のバーチャル店舗をめぐって買い物することが可能です。

バーチャル空間に、遠隔地にいる家族や友人と同時に接続し、それぞれのアバターでバーチャル店舗を自由に移動できるため、友人や家族とグループでショッピングすることができます。空間内にいる人と音声会話やテキストチャットができ、共有した人しかバーチャル店舗に入れないプライベートルーム機能も今後実装する予定です。

また、バーチャル上のユーザーの行動分析に対応。バーチャル店舗上のアクセス人数、商品閲覧数、ECサイト遷移数などのデータを分析し、商品開発やマーケティングに活用することができます。

バーチャル店舗はシンプルな店舗レイアウトとなっており、スムーズな操作感を実現。シンプルな構造のため、安価かつスピーディに出店することが可能です。

商品はVRやARで設計やイメージを確認でき、バーチャルならではの買い物体験が可能です。3DCG化された商品をさまざまな角度から見ることができることに加え、AR機能で実際のサイズ感や部屋に置いた時のイメージを確認することもできます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事