コスモピア、「SDG Publishers Compact」に日本の出版社として初めて加盟

コスモピア株式会社は、国際連合が国際出版連合と共同で立ち上げた「SDG Publishers Compact」に、日本の出版社として初めて加盟したと発表しました。

「SDG Publishers Compact」は、出版業界での持続可能な習慣の形成や持続可能な開発に向け、出版社として情報提供の取り組み進展を目的とした組織です。同社は「SDG Publishers Compact」への署名、日本の出版社として初めての記名(2021年12月14日現在)を踏まえ、より一層SDGs達成に向けた語学学習支援への取り組みを続けていく、としています。

コスモピアの取り組み

これまで日本人のグローバルコミュニケーションを支援するべく、数多くの語学書や、英語力を伸ばすための大量インプットを支援する「多聴多読マガジン」を刊行しています。

SDG Publishers Compactで求められる活動である「2.平等、持続可能性、正義、環境の保護と強化など、SDGsに代表されるテーマを提唱するコンテンツを積極的に宣伝および取得する」について、SDGs活動としてこれまで「オンライン多聴多読プラットフォーム eステーション」と「SDGs関連書籍の刊行」の2点を積極的に推進してきました。

オンライン多聴多読プラットフォーム「eステーション(eステ)」は、自分のペースで学習を進めやすい英語学習方法「多読」と「多聴」を低コストで行うための学習プラットフォームです。コスモピアは、このeステの開発と学校現場への提供を進めることで、よりグローバルな視点でのESD(持続可能な開発のための教育)の実現に貢献。また、海外の出版社・メディアと提携し、SDGs関連コンテンツを週単位で増やしているとのことです。

SDGs関連書籍は、「VOAで聞き読み SDGs英語ニュース入門」と「英語でもっとわかる! SDGsの環境問題」の2冊を刊行。SDGsについてのグローバルな情報収集・情報発信をサポートしています。

同社は今後もSDGsを理解し、英語での情報収集・発信へ役立てられる書籍の発行を手掛けていくとしています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger