アソビューが30億円の資金調達・・・観光・レジャー産業向けSaasによるDXを推進

「生きるに、遊びを。」をミッションとし、観光・レジャー産業向けSaaSなどを提供するアソビュー株式会社が、シリーズEラウンドにて、フィデリティ・インターナショナル及び三井不動産株式会社グローバル・ブレイン株式会社が共同で運営する「31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースI事業」から総額30億円の資金調達を完了したと発表しました。今回の調達により累計調達額は約55億円となりました。

アソビューは、休日の便利でお得な遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」や、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DXソリューション事業等を展開。2021年10月、第二四半期現在における流通総額は約130億円(※2021年7月〜11月までの実績と12月の業績予想の合算にて算出)が見込まれ、今期の業績は230億円に達すると予想されるといいます。

その一方で、コロナ禍の施設運営では、敷地面積あたりの収容人数の管理が重要とされ、チケットの電子化や入場人数の制限を契機に観光・レジャー産業のDX化が推進されています。

今回の調達により、同社は「アソビュー!」の認知拡大、観光・レジャー産業向けのバーティカルSaaSによるDX支援を目指すとともに、それらに伴うプロダクト開発やインフラ面の整備、人材採用に充当していくとのことです。

三井不動産株式会社代表取締役社長である菰田正信氏は、今回の投資について「観光・レジャー産業のDXを強力に推し進めるアソビューを支援するとともに、三井不動産グループの多様な事業分野における事業共創パートナーとして、共に新たな街づくりや、顧客体験価値を創造していきます」と述べています。

また、アソビューCTO江部隼矢氏は、「現在、より盤石かつスケーラブルなシステムへのアップデートをすすめることにより、インフラとしての信頼性を向上させていくと同時に、今後10年、20年の未来を見据え、多くの課題を抱える現システムを刷新し、産業のデファクトスタンダードとなる新たなプロダクトの開発に全力を注いでいます」と抱負を語っています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger