女性メディア『Marisol』が「コマースメディア」へリニューアル・・・通販連動誌も販売

株式会社集英社が、2021年秋に定期刊行を終了したファッション雑誌『Marisol』(マリソル)が「コマースメディア」として再スタートすると発表しました。

同社は、2021年秋に定期刊行を終了したファッション雑誌『Marisol』を、EC事業を行うブランドビジネス部に移管。WEBサイトを現在の『Marisol ONLINE』から、ファッションEC部分を強化しショッピングカートも備えた新しいWEBメディア『Marisol』へリニューアルします。再始動は2022年4月1日(金)。同日には、通販連動型ファッション誌『Marisol』も販売を開始。WEBメディア『Marisol』と連携した雑誌として年2回発行予定とのことです。

■WEBメディア『Marisol』

WEBオリジナルの特集や連載を充実させ、トレンドやおしゃれプロの着こなし術といったファッションの情報を中心にビューティー&ライフスタイル情報を提供。Marisol公式読者ブロガー「美女組」のブログ投稿により、アラフォー女性たちのリアルを知り、共感出来る場所を提供します。この世代の女性の「学ぶ」意欲に応えるオンラインセミナーも順次開催予定とのことです。

■通販連動型ファッション誌『Marisol』

ファッション誌のビジュアルはそのままに、掲載商品の約8割がWEBサイトで購入可能。リニューアルとなる4月1日発売号の大特集では、アラフォー女性が信頼を寄せる「同世代おしゃれプロ」が選ぶ服をフィーチャーするとともに、コラボ企画などで「ここでしか買えない」アイテムを紹介。アラフォー向けの旬のヘアカタログや年代の悩みに応えるスキンケアなどの最新ビューティー特集、「ギフト」特集まで網羅。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事