アマゾン、映画制作MGMの買収完了を発表・・・約85億ドルで

米アマゾン・ドット・コムは17日、米映画制作メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の買収完了を発表した。買収額は約85億ドル。有料会員向けの動画コンテンツを拡充させる。

1924年創業のMGMは、主に映画やテレビ番組の制作や配給を行う老舗。これまでスパイ映画「007」シリーズのほか、「ロッキー」や「ピンクパンサー」などの人気作を手がけた。

アマゾンとMGMは2021年5月、買収に向けた契約締結を発表。大型買収になるため、競争の阻害に当たらないか独占禁止の観点で、規制当局の判断が焦点となっていた。

ブルームバーグによると、EU(欧州連合)の規制当局は15日に買収計画を承認。競争上の懸念はないと判断した。米連邦取引委員会(FTC)は今後も買収阻止の権限を持つが、現時点で審査に関する発表はないという。

アマゾンは買収を受け、新たに計2万5,000時間分のコンテンツが手に入る。動画配信市場の競合となるNetflixやウォルト・ディズニーに対抗する構えだ。

コロナ禍の巣ごもり需要拡大で、動画配信市場は伸び続けている。ロイター通信によると、動画配信の拡充でアマゾンの有料サービス「プライム」の加入者が増加するとの指摘もあるという。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事