アクシオス、サンフランシスコの有料ニュースレターを買収

スマートな簡潔さ(Smart Brevity)が特徴で人気を集めているニュースメディアのアクシオス(Axios)が、サンフランシスコの地域の話題を有料ニュースレターで配信している「The SF Minute」を買収した事が明らかになりました。

「The SF Minute」はBusiness InsiderやThe Informationなどでテック分野の記者として活躍したニック・バストン氏が昨年立ち上げたニュースレター。過去のインタビューでニック氏は「サンフランシスコで何が起きているか知りたいと思っても、素晴らしいメディアは沢山あっても、簡単に情報を得られるものがなかった」と立ち上げの経緯を語っています。

ニュースレターはほぼ毎日配信され、ニック氏が地元のあらゆるメディアを読んでいく中で、最も重要で興味深いと思えるストーリーを要約して、1,2分で読めるメールの形で届けているということです。現在の読者数は数千人で、うち数百名が有料会員なっているということです。

ニック氏はインタビューで、「ニュースレターは最初から多くの人の共感を得ることができ、沢山の人がこのメディアを”大好きだ”と言ってくれました」と振り返ります。ただ、同時に「1年で2万人くらいは集まると思っていたが、成長は予想よりも遅かった」と述べています。11月の時点で読者は3000名だったそうです。「毎週着実に成長しています。ただ時間がかかります。辛抱強く取り組んでいかなければなりません」

アクシオスに買収された事を告げる記事では、ニュースレターを一人で運営するのはエキサイティングな仕事の一方で、マーケティングや会計など自分でやらなければならない裏方の仕事にも忙殺される、と述べられています。また、アクシオスの資本を得る事で、規模の拡大も目指せるということで、よりコンテンツを強化するために、2人目の記者を雇う予定だということです。

「The SF Minutes」は今後「Axios SanFransisco」にリブランディングされて、ニック氏の主導の元、アクシオスが目指す全国展開を担う事になるようです。「2022年はこれを持続的なビジネスに変えられるか実証しなくてはならない」と述べていたニック氏。アクシオスというブランドの元で、それを実現できるか、注目です。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事