米控訴裁「公開情報のスクレイピングは合法」、LinkedInの情報を巡る争い

米国第9巡回控訴裁判所は4月18日、公開データの扱いをめぐるLinkedInとhiQ Labsの裁判の判決を発表。「公開されたデータのスクレイピングは合法」との判断を改めて示した。

従業員離職を分析する事業を展開するhiQは、LinkedInに公開されているユーザー情報を大量に収集し、自社事業に活用。それに対してLinkedInがhiQへのアクセス制限をしたことで、2017年にhiQがLinkedInを提訴していた。

LinkedInはhiQのスクレイピング行為がCFAA(コンピューター詐欺と濫用に関する法律)に違反すると主張。一審・二審では、ともにhiQが勝訴。連邦地裁および控訴裁は「公開情報にCFAAは適用されない」と判断。LinkedInにアクセス制限の解除を命じた。

その後、LinkedInは連邦最高裁に上告。最高裁は2021年、訴訟を第9巡回控訴裁に差し戻し、再検討を求めていた。今回の判決はこの再検討の結果で、控訴裁は当初の判決を改めて支持。

今回の判決について、Tech Crunchは「ネット上で一般公開されている情報を大量に収集するアーキビストや学者、研究者、ジャーナリストにとっての大勝利」と言及している。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事