ソフトバンクG、過去最大1.7兆円の赤字 2022年3月期・・・株式評価減が響く

ソフトバンクグループは12日、2022年3月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。最終損失が1兆7080億円となり、同社では過去最大の赤字だった。米国金利の上昇などでテック株が下落し、保有株の評価損を計上した。

傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」などの投資損失は3兆4347億円だった。韓国ECのクーパン、中国配車アプリの滴滴出行(ディディ)といった投資先の上場企業の株価が大幅下落し、含み損益が減少した。

12日の決算説明会の冒頭で、孫正義会長兼社長は「世界が混沌としている。我々が取るべき行動は徹底した守りだ」と述べた。「(保有資産などの)継続的な資金化で手元に現金を厚く積み、新しい投資は厳格な基準で実行する。これが今日の結論だ」とした。

具体的には、今後2年間で償還する社債1兆3000億円に対して「手元の現金はその倍以上の2.9兆円あり、安全運転している」と強調した。また投資基準については、「中国では投資リスクをできるだけ慎重に検討する。(投資は)ゼロではないが、小さな案件になる」とコメントした。

SVFなど投資事業の累計の利益は3兆473億円となり、2021年10〜12月期時点からほぼ半減した。孫氏は「元本に対してはまだ3兆円の利益があるのも事実」としつつ、「(減少は)会計上の純利益より大きな問題と捉えている」と話した。

最重要指標とするNAV=時価純資産(保有株式価値から単体の純有利子負債を差し引いて算出)は3ヶ月で約8000億円減の18兆5000億円だった。孫氏は「ピークより下落したが、まだ十分」との認識を示した。中国アリババ集団の保有株が2020年9月末は全体の6割を占めたが、22%まで低下した。「1社のアセットに依存する状況ではなくなった」(孫氏)

投資先企業数は475社となった。投資先のIPOは2022年3月期に27件で過去最多だったが、孫氏は「この1年は新規公開の数も減るだろうと保守的に見ている」とした。

一方で、孫氏は「『しおらしくしていていいのか』と言われそうだが、なるべく新しいお金を使わずに攻めも進める」として、グループで100%の株式を保有する英半導体設計大手アームの上場準備をさらに進める考えも示した。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,462フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger