2022年7月度テレビCM放送回数ランキング発表 通販型自動車保険が上位3位を独占

SMN株式会社のグループ会社である株式会社ゼータ・ブリッジが、2022年7月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し、その結果を発表しました。

商品別ではレジャーシーズンを前に通販型自動車保険が上位3位を独占

2022年7月度 商品別テレビCM放送回数(全国地上波25局、BS放送6局合計)

2022年7月度の商品別ランキングは、1位アクサ損害保険「アクサダイレクト総合自動車保険」、2位チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド「スーパー自動車保険」、3位ソニー損害保険「ソニー損保の自動車保険」と、通販型自動車保険が上位を占めています。夏休みやお盆休みなど、交通量の多くなるレジャーシーズンを前に、通販型自動車保険各社が新規ユーザー獲得のために、大量出稿したと考えられます。

今回のランキングで注目されるのは、10位に初登場したmederi「メデリピル」。「メデリピル」は、低用量ピルの処方を希望する女性とオンライン診療をしてくれる産婦人科医をつなぐマッチングプラットフォームです。オンラインで産婦人科医に生理に関する悩みを相談することができ、ピルが処方されるサービスは、月経痛や生理不順、PMSなどの生理トラブルに悩む女性の強い味方になると考えられます。

また、7月度は政界を揺るがす大きな事件があったことからCM出稿を自粛する企業が多く、その代わりとしてACジャパンのCMが大量に出稿され、16位にランクインする結果となりました。

エリア別では6月度に放送されていなかったCMの出稿が目立つ結果に

7月度のエリア別ランキングは、6月度には放送されていなかったCMの出稿が目立っています。該当するCMは、パルシステム生活協同組合連合会「パルシステム」(東京3位)、mederi「メデリピル」(東京7位、福岡4位)、NESTA RESORT「ネスタリゾート神戸」(大阪1位)、三井住友カード「V POINT」(大阪6位・名古屋4位)、アマゾンジャパン「amazon プライムデー」(大阪8位・名古屋5位)、PayPay「夏のPayPay祭」(大阪10位)です。

【東京】

【大阪】

【名古屋】

【福岡】

【札幌】

【BS】

■調査概要
【調査期間】2022月7月1日~7月31日
【対象】番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局のテレビCM
【調査方法】動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,473フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事