フィナンシェがブロックチェーン上のトークン発行も含めた支援を開始。アンコールタイガーFC、琉球アスティーダと本格協議もスタート

クラウドファンディング2.0「FiNANCiE」がスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン発行とその後の流通やグローバル展開までの総合的な支援開始を発表いたしました。

現在約80のスポーツチームが「FiNANCiE」上にクラブトークンを発行しているとのことで、今後は、オンチェーン上の暗号資産だけでなく、ブロックチェーン上のトークン発行とその後の流通を活用したトークンエコシステムの設計も支援していくよう。

今回、アンコールタイガーFC、イガンムタイガーFC、ジャパンサイクルリーグ(JCL)、琉球アスティーダと本格的な協議も開始したとのこと。

各スポーツチームからのコメントは下記の通りです。

アンコールタイガーFC / イガンムタイガーFC
代表 加藤 明拓 氏

私達はカンボジアで集客力No.1のサッカークラブであるアンコールタイガーFCと経済ポテンシャルがあり、暗号資産大国でもあるナイジェリア3部のイガンムタイガーFCを経営しています。
その中で、サッカーの世界にもWeb3の世界観が入ってくると考え、1年以上前からCheer to Earn型クラブを目指し、フィナンシェさんからタイガートークンやイガンムトークンを発行し、またNFTゲームギルドのタイガーギルドの運営を行ってきました。
そして、今回暗号資産としてのタイガーコインの発行を目指し、参加貢献型のクラブ経営で、トークンとコインを連携させながら、みんなでアジア・アフリカからクラブワールドカップ優勝する目標を実現するためにIEOを進めていきたいと思います。

琉球アスティーダスポーツクラブ
代表取締役 早川周作 氏

昨年FiNANCiEさんから発行した「アスティーダトークン」は4円少しの価値スタートから最高で120円価値まで上昇しました。
琉球アスティーダでは、スポーツ×Web3.0を基軸に、スポーツの応援の在り方を短期であり消費の概念から変え、スポーツに新しい循環モデルを構築できるように取り組んでまいります。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

浜崎 正己
浜崎 正己
メディアの立ち上げと運用を支援する(株)メディアインキュベート の代表。1988年千葉県生まれ。Twitter : https://twitter.com/masaki_hamasaki

関連記事