コインチェックとフィナンシェ、IEOによる資金調達実現に向けた契約を締結・・・2022年夏までに「フィナンシェトークン」を販売開始予定

コインチェック株式会社株式会社フィナンシェが、IEO(Initial Exchange Offering)による資金調達に向けた契約を締結したと発表しました。本契約に基づき、両社は2022年夏までにIEOの実現を目指します。

「IEO(Initial Exchange Offering)」は、企業やプロジェクト等がユーティリティトークンを活用した資金調達を行う仕組みであるICO(Initial Coin Offering)の中でも、暗号資産取引所が主体となってプロジェクト審査およびトークンの販売を行う仕組みです。資金調達が可能なほか、トークンを活用することでコミュニティが形成・強化しやすくなります。

本契約締結により、個人や団体のトークンの発行・販売、企画・運用に実績のあるフィナンシェが「フィナンシェトークン」の発行を行い、コインチェックの提供する「Coincheck IEO」にて販売を行う予定とのことです。

コインチェックは、暗号資産取引サービス「Coincheck」を運営する企業です。2021年7月にIEOプラットフォーム「Coincheck IEO」の提供を開始し、今回の「Coincheck IEO」は第2号案件となります。

もう一方のフィナンシェは、ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開。本IEOにより発行されたフィナンシェトークンにより、「FiNANCiE」を利用して発行したクラブトークンやNFTを横串に活用するプラットフォームトークンの実現を目指すとしています。また、調達した資金の一部を「FiNANCiE」及びNFT事業の更なる拡大に充当する予定とのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事