2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は1兆899億円に拡大の見通し 2022年市場動向調査

株式会社サイバー・バズ株式会社デジタルインファクトとが共同で、2022年国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向調査を実施し、その結果を発表しました。

本調査では、企業によるソーシャルメディアを活用したマーケティングを目的とする年間支出額を「ソーシャルメディアマーケティング市場」と定義。これをインフルエンサーマーケティング、アカウント運用支援、キャンペーン・プランニング・コンサルティング、分析ツール、ソーシャルメディア広告の5つのカテゴリに分類し、それぞれ推計・予測しました。

縦型・ショート動画や新興の広告プラットフォームがソーシャルメディアマーケティング市場の需要を喚起

サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

2023年の国内ソーシャルメディアマーケティング市場規模は、広告主のソーシャルメディア全般への積極的なマーケティング投資により順調に拡大し、1兆899億円、前年比117%となることがわかりました。

縦型・ショート動画などの新しいフォーマットや、これを配信する新興の魅力的な広告プラットフォームが広告主の新しい需要を喚起。ソーシャルメディアは企業と消費者とのコミュニケーションインフラとして、また販売チャネルとして、今後もその役割はますます高まると予想されています。

これらを背景に2027年のソーシャルメディアマーケティング市場規模は、2023年比約1.7倍、1兆8,868億円に達すると予測されます。

なお、2023年時点のカテゴリ別内訳は「ソーシャルメディア広告」が9,724億円で全体の89.2%を占め、これに「インフルエンサーマーケティング」(741億円で全体の6.8%)、企業の「SNSアカウント運用支援」(261億円で全体の2.4%)、「キャンペーンプランニング・コンサルティング」(92億円で0.8%)、「分析ツール」(80億円で0.7%)が続いています。

著名人のインフルエンサー活動が消費活動に大きく影響

サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

インフルエンサーマーケティング向け需要は、様々な分野の著名人によるソーシャルメディアでのインフルエンサーとしての活動が定着。人々の消費行動に与える影響力が増加したことから、2023年には741億円、前年比120%と高い成長が予想されます。

また、TikTokなど縦型動画フォーマットが普及し、インフルエンサーによる投稿動画が広告クリエイティブとして活用される動きが拡大していることなどから、2027年にはインフルエンサーマーケティングの需要は2023年比で約1.8倍、1,302億円に達する見込みです。

ソーシャルメディア広告市場も年々需要が拡大

サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

企業のマーケティング活動におけるソーシャルメディアの重要性の高まりを背景に、ソーシャルメディア広告向け需要も拡大。2023年のSNS広告向け需要は9,724億円、前年比117%となる見通しです。今後も高い水準で需要が拡大し続けることが予想されており、2027年には2023年比で約1.7倍の1兆6,904億円に達すると予測されています。

■調査概要
調査主体:株式会社サイバー・バズ
調査時期:2022年7月~2022年10月
調査方法:広告会社、ソーシャルメディアマーケティング会社、インフルエンサーマーケティング会社、その他各種ソリューション事業者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、関連企業・機関データ、公開情報の収集
調査対象:ソーシャルメディアマーケティング市場
調査機関:株式会社デジタルインファクト

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事