2023年の世界の広告費成長率は8.0% 世界の広告費成長率予測

株式会社電通グループは、毎年2回を基本に行っている「世界の広告費成長率予測(2022~2025)」を発表しました。2022年11月下旬までに世界の58市場からデータを収集し、各市場の専門的な知見を取り入れて作成しています。

今回の「世界の広告費成長率予測」は、2022年、2023年、2024年予測の更新と、2025年の新規予測を実施しました。なお、前回7月発表の予測から、将来予測、過去データに遡及し、ロシア市場の数値を除外して算出しています。

2022年の世界の広告費成長率は、前回7月の予測から0.7pt下方修正した8.0%を見込んでいます。市場規模は7,136億米ドルになる見込みです。2022年のデジタル広告費は、成長率が13.7%。総広告費に占める割合が55.3%となる見通しです

2023年の世界の広告費は、2022年ほどではないと予測しており、3.8%の成長となる見込みです。市場規模は、7,409億米ドル(約100兆円)になると予測。市場規模のトップ5は、米国、中国、日本、英国、ドイツとなる見通しで、2022年と変わっていません。世界の広告市場は、2024年に4.8%増の7,769億米ドル、2025年は4.5%増の8,116億米ドルを予測しています。

世界の総広告費の推移

媒体別に見ると、デジタル広告費は2022年に13.7%の成長を予想しており、2023年も7.2%と高成長を維持。世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は、57.1%に達する見通しです。成長を牽引するのは、+7.1%の動画広告、+13.5%のソーシャルメディア広告、+7.2%の検索連動型広告と予想しています。

テレビ広告費は0.2%、ラジオは2.0%、映画館(シネアド)とOOH(屋外/交通)はそれぞれ6.1%、2.0%の成長を予想。新聞と雑誌はそれぞれマイナス成長となり、△3.7%、△3.4%を予想しています。

2022年の日本の広告市場は、3.6%の成長を見込んでいます。これは、前回7月予測から2.8pt上方修正となっています。2023年も1.5%の成長を予測。デジタル広告が引き続き成長を牽引すると見込みです。業種を見ると、「交通・レジャー」や「外食・各種サービス」などの出稿増が期待されます。

地域別成長率予測
媒体別成長率&シェア予測(全世界)
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事