「日経CNBC online」がリニューアル、投資・資産運用情報などの動画コンテンツが月額プランで見放題

株式会社日経CNBCは、ライブやオンデマンドなど動画コンテンツ見放題の有料インターネットサービス「日経CNBC online」を2023年4月より開始します。

「日経CNBC online」は、CSテレビ放送「日経CNBC」の完全版ともいえるもので、本気で投資・資産運用に取り組みたい方に向けた有料インターネットサービスです。「日経チャンネルマーケッツ」をリニューアルしたサービスとなっており、専用視聴アプリの実装など機能面を大幅にアップデート。さらに使いやすく生まれ変わりました。

ストリーミングによるライブ放送に加え、オンデマンドで視聴できる動画(VOD)を強化。当日のマーケット解説など投資にすぐに役立つ情報に加え、空き時間や週末に見てもためになる経済レポートや、資産運用ノウハウなどのコンテンツも豊富にそろえています。

料金は月額1,650円(税込)。Webブラウザ(PC/iOS/Android)、スマートフォン・タブレット専用視聴アプリ(iOS/Android)に対応。2023年4月のリリースを予定しています。

2023年4月からパワーアップするコンテンツ

QUICK速報テキストニュース
テレビ未公開限定コンテンツ
米CNBC VODコンテンツ ラインナップ(英語放送)強化
日経CNBC online限定 オリジナルセミナー開催

2023年4月からパワーアップする機能

専用視聴アプリを実装
検索機能を強化
プッシュ通知で大事な情報を配信
高画質化で大画面モニターにミラーリング投影
通信容量の節約に便利な音声モード

2023年4月以降の提供料金と日経CNBC サービス比較

現在「日経チャンネルマーケッツ」の会員は、月額1,650円(税込)のプランに移行すると、すべてのコンテンツや機能が利用できます。現在「日経チャンネルマーケッツ」会員、および2023年3月までに入会した場合、4月以降も引き続き、現在の月額990円(税込)で上記表中の紫色のサービスが利用できます。黄色のサービスは、月額1,650円(税込)のプランに移行すると利用が可能になります。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事