【メディア企業徹底考察 #92】文教堂の事業再生は計画通りに進んでいるのか?

書店を運営する株式会社文教堂グループホールディングスが、過大な債務で債務超過に陥り、私的整理手続きである事業再生ADRを申請、受理されてからおよそ2年半が経過しました。

文教堂は、6行の金融機関の借入債務41億6,000万円を株式化し、8行の金融機関の借入債務の返済条件を変更。2025年8月末までの猶予を持たせました。

更に当時主要株主だった日本出版販売株式会社から5億円の出資を受け、競争力の強化を行うとしていました。文教堂の再生計画は順調に進んでいるのでしょうか。

不採算店の徹底的な整理はどれほど業績に影響したか

まずは業績の実績と計画を比較します。文教堂の2022年8月期の売上高は164億8,600万円でした。計画では171億4,200万円。実績値が計画をやや下回っているものの、概ね順調に進んでいます。

■文教堂の売上高(実績と計画の推移)

決算短信より

文教堂の再生計画の一番の柱は、不採算店の徹底的な退店。債務超過に陥る前は撤退が進まず、赤字体質の店舗を多数抱えていました。文教堂は2019年8月期に30店舗、2020年8月期に23店舗、2021年8月期に2店舗、2022年8月期に7店舗を閉店しています。売上高の実績と計画が近い数字で連動していることから、退店はほぼ計画通りに進んでいるのでしょう。

また、2019年9月に不採算だったキャラクターグッズ販売・アニメ専門店運営のアニメガ事業をソフマップに売却しました。主力の書店運営に経営資源を集中するための事業整理で、文教堂の徹底的な閉店と周辺事業の売却は事業再生の王道パターンを踏襲していると言えます。

2022年8月期の営業利益は5,200万円でした。計画の2億6,900万円とは差が開いているものの、再生前は2期連続の赤字。コロナ禍という異常事態の中、3期連続の黒字化を果たした意味は大きいと考えられます。

■文教堂の営業利益(実績と計画の推移)

決算短信より

2020年から2021年にかけて、『鬼滅の刃』が異例のヒットを飛ばしました。その恩恵もあって、2021年8月期の営業利益は計画を上回りました。2022年8月期は反動減が文教堂の業績にどれだけ影響を与えるか注目されました。第1四半期は4,600万円の営業赤字、第2四半期は500万円の営業黒字と、赤字と黒字の一進一退のせめぎ合いでしたが、下半期は黒字が続きました。

2022年8月期の期首予想では3億円の営業黒字でした。再生計画を上回る黒字予想でしたが、大幅な減益となりました。下方修正した理由として、反動減や市場縮小の影響を挙げました。

2023年8月期は1億円の営業利益を見込んでいます。文教堂は不採算店の退店により、確実に利益が出る体質へと変化しています。しかし、2022年8月期の営業利益率は0.3%、2023年8月期が予想通り着地しても0.6%程度。計画していた1.5%には遠く及びません。利益率をどれだけ高められるかが今後のポイントとなるでしょう。

なお、日販は2020年8月末時点で文教堂の株式を24.31%保有していましたが、2022年8月末には9.16%まで低下しています。大日本印刷も2020年8月末の20.52%から7.73%まで下がっています。文教堂は大手企業の引力圏から抜け、再生への道を切り開いているように見えます。

[MMS_Paywall]

効率よく店舗が運営できる体制を構築

不採算店の退店を進めた成果をもう少し細かく見てみます。

下のグラフは文教堂(青)の在庫回転率。オレンジ色は書店の平均値(2.5回)です。在庫回転率とは、1年間にどれだけ在庫が入れ替わったのかを示すもの。例えば、年間平均5,000の在庫が10,000売れると在庫回転率は2.0回となります。数値が高いほど効率的な店舗運営を行っています。

有価証券報告書より筆者作成

駅前や繁華街にある書店は在庫回転率が高く、3.0回も珍しくはありません。しかし、文教堂のように郊外型ロードサイド店を含めると2.5回が平均的な水準です。

文教堂が再生計画に取り組む前の2018年8月期の在庫回転率は2.1回。平均を下回っていました。しかし、2020年8月期は3.3回、2021年8月期は3.2回と平均を大きく上回ります。

2022年8月期は反動減に見舞われたとはいえ、2.8回となりました。平均的な書店よりも、効率的に店舗運営ができていることを示しています。

効率よく書籍を販売することができれば、返品率が下がって粗利率が上がります。文教堂の粗利率は2018年8月期の24.5%から2022年8月期は27.6%まで2.9ポイント改善しています。

プログラミング教室の運営は吉と出るか

文教堂は段階的に原価率を下げることに成功しました。しかし、2022年8月期は販管費率が急激に上がっています。

決算短信より

事業再生に取り組んだ後の販管費率は25%以下の水準まで下がりましたが、2022年8月期は前期と比べて2.5ポイント高い27.2%まで上昇しています。

文教堂は販管費率が上がった原因に言及していませんが、要因の一つに2022年1月から開始した教育プラットフォーム事業があると考えられます。

株式会社やる気スイッチグループと株式会社Preferred Networksの合弁会社を通して、書店でのプログラミング教室の運営を開始したのです。その1号店がHALLO 文教堂 溝ノ口教室で2022年1月に開校しています。

文教堂は事業再生計画の中に文房具販売の強化を挙げていました。書籍や雑誌はおよそ10%のペースで売上高が減少していますが、文房具は9%台の減少であり、十分ではないとはいえ健闘している領域です。

教室の開校はテキストや文房具の購入に繋がります。生徒集めや教室運営にかかる経費と、事業単体の売上高、書店への波及効果がどれだけ生まれるのかは、今後の業績発表時の一番の注目ポイントとなります。

不採算店の退店だけでは文教堂は成長しません。店舗の収益力を高めて再拡大する必要があります。教室の運営はその足掛かりに相応しいのか。恒常的な黒字体質となった文教堂が、次の成長ステージに移行しようとして

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事