Business Insider Japan、CSV経営の実践企業とZ世代を学生視点でつなげる特集プロジェクトをスタート

株式会社メディアジーンmoccu(モック)株式会社が、メディアジーンが運営する経済メディア「Business Insider Japan」にて、CSV(Creating Shared Value)経営を実践する企業を学生視点でセレクトし、わかりやすく評価・発信する記事特集をスタートします。

Business Insiderはニューヨークに拠点を置く経済メディア。2007年、NYでミレニアル世代のためのオンライン経済メディアとして誕生。現在、全世界で11エディションを展開し、ユーザーは全世界で2.8億人以上にのぼります。

2017年1月創刊の日本版は「Better Capitalismーやさしさがめぐる経済をつくろう」をタグラインに掲げ、より良い働き方、より良いビジネス、より良い社会につながるコンテンツを発信しています。

一方、moccuは社会をより良くしようと励む学生や若手社会人(チェンジメーカー)、企業が集い、業界や年齢の枠を超えて様々な社会課題を解決していくソーシャル・イノベーションのプラットフォームを作ることを目指している企業です。同社は、異質なものを組み合わせるコーディネーターの役割を担うことで、ソーシャル・イノベーション創出に向けた連携を促進していくとしています。

今回、Business Insider Japanとmoccuが協業し、精神的豊かさや人としての成長、ビジネスを通じた社会貢献の場としての企業を探す学生のニーズに合わせ、CSV経営を実践し、個人の成長機会の多い企業を学生視点でセレクト。インタビュー記事を通して企業理念や働き方への共感を軸にした学生と企業の出会いを創造していくとのことです。

企業経営がこれまでの株主資本主義からマルチステークホルダー資本主義への転換が進む中、今回の協業により、現在多くの企業が抱える課題でもある学生との距離を近づけ、企業と学生が生み出すオープンイノベーションの礎となることが期待されます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事