ユーザベース、経済情報の活用をリードするChatGPT・LLM活用推進プロジェクトを開始

株式会社ユーザベースは、2022年4月より始動した「誰もがエンジニアリングを楽しめる世界」を目指すPlay Engineeringプロジェクトの第6弾として、経済情報領域におけるChatGPT・LLM(大規模言語モデル)活用推進プロジェクトを開始しました。

経済情報領域におけるChatGPT・LLM活用推進プロジェクトでは、自社のスキル向上に留まらず、ChatGPT・LLM活用でも新たな共同研究パートナーとともに実践的な活用推進を行い、「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」というパーパスを実現していきます。全社のスキル向上と各事業の発展につなげるとともに、新たな経済情報の活用を日本語圏・英語圏にてリードすることを目指します。

プロジェクトの内容は随時アップデートをしながら、社外への発信も実施。実践的な取り組みにより、経済情報領域における技術の活用をリードしていきます。

プロジェクトの内容

ChatGPT・LLMによる業務効率化の活用を全社のOKR(Objective and Key Result)に入れることを推奨します。福利厚生制度を導入し、それに関わるChatGPTの有償版、API/Plug-inの従量課金、GitHub Copilot等の対応に必要な費用を一人一万円/月まで負担します。

また、プロジェクトの支援予算を設けます。グループ内副業制度・DIVEを活用し、ChatGPT・LLMなどのAI案件を社内のエンジニアに発注ができる制度を導入します。

さらに、技術研究所・UB Researchと経済情報の特化型LLM開発の共同研究企業・大学・研究機関を募集します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,445フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事