ハースト婦人画報社、雑誌「Richesse」のデジタル版をローンチ

・ハースト婦人画報社が『Richesse』のウェブメディアを開始 ・デジタルの速報性を活かしたハイエンドな情報を提供 ・専門家によるオリジナルコンテンツを随時公開予定

メディア デジタルメディア
ハースト婦人画報社、雑誌「Richesse」のデジタル版をローンチ
  • ハースト婦人画報社、雑誌「Richesse」のデジタル版をローンチ
  • ハースト婦人画報社、雑誌「Richesse」のデジタル版をローンチ
  • ハースト婦人画報社、雑誌「Richesse」のデジタル版をローンチ

株式会社ハースト婦人画報社は、2023年10月2日(月)に、ハイクオリティマガジン「Richesse(リシェス)」のウェブメディアをローンチしました。

「Richesse」は、2012年6月に創刊された雑誌で、フランス語で「裕福」「豊かさ」を意味するタイトルに相応しく、本物かつ極上の情報を、トップオブトップの方々へお届けするハイクオリティマガジンです。その世界観を継承した「Richesse Digital」では、デジタルの速報性を活かした旅、アート、食、宝飾、ファッション、美容&ウェルネスにおけるハイエンドな情報を提供します。

雑誌と連動したコンテンツに加え、世界中のハーストメディアから厳選した記事や、「Richesse Digital」オリジナルの執筆陣を迎えた連載も順次公開する予定です。その中には、伊藤東凌氏による「人生が豊かになる言葉の選択」や、植原ほの氏による「自分らしく輝くための着こなしレッスン」、仲山今日子氏による世界の美食情報連載「至福の食体験」など、ハイエンドなライフスタイルを熟知した専門家によるオリジナルコンテンツが含まれます。

「Richesse Digital」の編集長を務める関口優氏は、「現代的ラグジュアリーの世界においてコノサー(目利き)たる執筆陣とともに、質と感性を兼ね備えた記事をアクティブな富裕層の皆さんにお届けしていきます」と述べています。また、雑誌「Richesse」の編集長を務める十河ひろ美氏は、「新たな超富裕層の方々の消費が活発になっています。ラグジュアリー最先端のモノやコトを、雑誌、デジタル、SNSの垣根を超えて、それぞれの特性に合わせて、"Richesse"の名のもとに、超富裕層の方々へ届けていく」とコメントしています。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集