インテージがデジタルメディアの利用状況を一元化できる「デジタル統合視聴率」を提供

株式会社インテージはスマートフォン、パソコンンの両デバイスを併用するユーザーのログデーターを一元化し、デジタルメディアの利用状況を正確に計測できる「デジタル統合視聴率(ベータ版)」の提供を開始します。

デジタル統合視聴率ではデジタルメディアの推定利用者数、利用率、利用時間、利用デバイスなどの利用実態が正確に計測でき、デジタルメディア、インターネット広告のプラットフォーマー、広告代理店などがより正確なデジタルメディアの価値を把握できるようになります。

従来のデジタルメディアのログデータはスマートフォン、パソコンなど単体での計測が主流でした。しかし、昨今、スマートフォンとパソコンを併用するユーザーが一般的となっており単体でのログデータからの測定は困難と言えるほど複雑な市場となっています。

デジタル統合視聴率はスマートフォンはiOSとAndroidの主要なOSにも対応し、ブラウザやアプリの使用状況も把握でき、ログデータの収集範囲はスマートフォンとパソコンが統合されたデータは国内でも最大規模の13,000人となります。

インターネット広告市場は各デジタルメディアやインターネット広告プラットフォーマーが作成、提供したデータをもとに出稿判断や広告評価が行われています。

ところが、世界広告主連盟の発信によるとメディアの検証と計測は第三者が行うべきとされており、第三者の立場からデジタルメディアを客観視するサービスが求められてきました。デジタル統合視聴率はまさにそのニーズに応えるサービスと言えます。

インテージは日本での最大のマーケティングリサーチ企業としてデジタル統合視聴率により正確なデータを提供し、市場の健全性や信頼性を高めデジタルマーケティング活用促進への貢献が期待されます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事