株式会社インテージはスマートフォン、パソコンンの両デバイスを併用するユーザーのログデーターを一元化し、デジタルメディアの利用状況を正確に計測できる「デジタル統合視聴率(ベータ版)」の提供を開始します。

デジタル統合視聴率ではデジタルメディアの推定利用者数、利用率、利用時間、利用デバイスなどの利用実態が正確に計測でき、デジタルメディア、インターネット広告のプラットフォーマー、広告代理店などがより正確なデジタルメディアの価値を把握できるようになります。

従来のデジタルメディアのログデータはスマートフォン、パソコンなど単体での計測が主流でした。しかし、昨今、スマートフォンとパソコンを併用するユーザーが一般的となっており単体でのログデータからの測定は困難と言えるほど複雑な市場となっています。

デジタル統合視聴率はスマートフォンはiOSとAndroidの主要なOSにも対応し、ブラウザやアプリの使用状況も把握でき、ログデータの収集範囲はスマートフォンとパソコンが統合されたデータは国内でも最大規模の13,000人となります。

インターネット広告市場は各デジタルメディアやインターネット広告プラットフォーマーが作成、提供したデータをもとに出稿判断や広告評価が行われています。

ところが、世界広告主連盟の発信によるとメディアの検証と計測は第三者が行うべきとされており、第三者の立場からデジタルメディアを客観視するサービスが求められてきました。デジタル統合視聴率はまさにそのニーズに応えるサービスと言えます。

インテージは日本での最大のマーケティングリサーチ企業としてデジタル統合視聴率により正確なデータを提供し、市場の健全性や信頼性を高めデジタルマーケティング活用促進への貢献が期待されます。