本日、FacebookとInstagramは、 中国に拠点を置く4社と3人に 対して、「偽造アカウント」「いいね」「フォロワー」の違法な販売に対し、米国連邦裁判所で 訴訟を起こしました。

彼らは、FacebookとInstagram、そしてAmazon、Apple、Google、LinkedInとTwitterを含む他のオンラインサービスでも同様の行為を行っていたとのことです。

訴訟を起こすことで、この種の詐欺行為は容認されないことを示し、プラットフォームの完全性を保護するため、運営を強化することのことです。

訴訟では、以下のことを禁止するよう裁判所に求めています

  • FacebookやInstagramの上で偽のアカウント、いいね、そしてフォロワーの販売を作成し促進する
  • 彼らのウェブサイト上の私達の商標の侵害
  • Facebookブランドのドメイン名を使ってのWebサイトの操作

不正なアクセスや行為はサービスのプラットフォームには百害あって一利なしです。

それどころか、毎日、何百万もの偽アカウントを無効にするなど、この動作の検出と停止に多大なリソースを注いでいます。

今日の訴訟は、FacebookやInstagramの人々を守るための、継続的な取り組みの中の1つのステップだと報じています。