Appleは、Apple TVアプリケーションから登録し、テレビ番組、映画、ドキュメンタリーを広告なしのオンデマンドで楽しめるビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を今秋公開すると発表しました。

Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キュー氏は「世界のクリエイティブな才能たちが制作、出演した作品を『Apple TV+』で見て頂けることを大変誇りに思っています。今秋、『Apple TV+』のすべてを見て頂けるもらうのを楽しみにしています。テレビや映画のファンもまだ見たことがないオリジナル作品を『Apple TV+』で用意して待っています」とコメントしています。

「 Apple TVアプリケーション 」「 Apple TVチャンネル 」も公開予定…複数のサービスを1つのアプリで管理

加えてApple TVアプリケーション」と「Apple TVチャンネル」を2019年5月に公開。iPhone、iPad、Apple TV、Mac、スマートテレビ、ストリーミングデバイスの境界を越えて、テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどを発見し視聴する方法を1つのアプリケーションにまとめ、「Apple TVチャンネル」を利用してチャンネルの登録と視聴が可能になります。

さらには、「Apple TVアプリケーション」を活用して、ケーブルテレビや衛星放送のプロバイダが提供するテレビ番組が視聴可能。「iTunes Store」の映画やテレビ番組の購入とレンタルもできるようになり、すべてのコンテンツはオンラインでもオフラインでも利用できます。

追加アカウントなしで、世界中のチャンネルが視聴可能に…オススメ番組の提案も

5月からは「Apple TVチャンネル」で好きなチャンネルを登録することで、追加のアプリケーションやアカウント・パスワードなしに世界中のチャンネルが視聴可能になります。「Apple TVチャンネル」のラインナップには、HBO、Starz、SHOWTIME、CBS All Access、Smithsonianチャンネル、EPIX、Tastemade、Noggin、MTV Hitsなどで、今後も世界各国で様々なチャンネルが追加される予定です。

新しい「Apple TVアプリケーション」は、既存のアプリケーションやサービスの中から見たいものをカスタマイズし、視聴傾向を包括的かつ安全な方法で把握。AmazonプライムやHuluなど150を超えるストリーミングアプリケーションや、Canal+、Charter Spectrum、DIRECTV NOW、PlayStation Vueなどの有料テレビサービスからお勧めの番組や映画を提案します。年内に、Optimum、AlticeのSuddenlinkもラインナップに追加される予定です。現在iTunes Storeで購入やレンタルが可能な何十万もの映画やテレビ番組も、Apple TVアプリケーションで利用できるようになります。

「Apple TV+」の料金は今秋発表予定

今後のは下記のスケジュールでサービスの提供を開始すると発表しています。

・「Apple TV+」の料金とサービス提供状況については、今秋発表予定。
・新しい「Apple TVアプリケーション」は、今年5月より100を超える国向けに、iPhone、iPad、Apple TVの無償アップデートとして提供され、今秋、Macにも提供されます。
・ファミリー共有では、「Apple TV+」の登録と「Apple TVチャンネル」のチャンネル登録を共有できます。
・Samsungのスマートテレビでは、今春から「Apple TVアプリケーション」を利用できます。Amazon Fire TV、LG、Roku、Sony、VIZIOの各プラットフォームにも今後対応する予定で、年内には条件を満たすVIZIO、Samsung、LG、Sonyのスマートテレビでは、ビデオなどのコンテンツをAirPlay 2対応スマートテレビで直接iPhoneやiPadから簡単に再生できるようになります。