アップルは日本時間26日早朝に開催したイベントで、サブスクリプション型のニュースサービス「Apple News+」を発表しました。これは既存の無料のニュースアプリ「Apple News」を拡張するもので、月額9.99ドルを支払うことで300を超える雑誌や新聞、ウェブメディアの有料コンテンツが読み放題となります。サービスは米国、カナダ、英国、オーストラリアでの展開となります。

「私達は質の高いジャーナリズムに強くコミットしていて、Apple News+で多くの雑誌やメディアと協業を始めることをとてもうれしく思っています。Apple News+に収録されるメディアの幅と質は、多くの人々に新しい物語との出会いを提供し、今まで出会わなかったような世界を届けることでしょう」とApple News編集長のLauren Kern氏は述べています。

アプリで読者は、「Today」タブで厳選されたその日のニュースを閲覧できるほか、好みのメディアをフォローして読むことも出来ます。大きなビジュアルと美しいデザインはアップルならではという印象もあります。

収録される主なメディア

新聞
・ウォール・ストリート・ジャーナル
・ロサンゼルス・タイムズ

雑誌
・Condé Nast Traveler
・ELLE
・ESPN The Magazine
・GQ
・ナショナルジオグラフィック
・The New Yorker
・ローリング・ストーン
・スポーツ・イラストレイテッド
・TIME
・Vanity Fair
・Vogue
・WIRED

ウェブメディア
・theSkimm
・The Highlight by Vox
・Vulture
・The Cut
・Grub Street
・Extra Crunch(Tech Crunch)

参加する主要メディアのコメント

ハースト・マガジンズ Troy Young社長
「ハースト・マガジンズではブランドのストーリー、高品質なコンテンツ、素晴らしい体験を通じてユーザーに価値を届けることに完全にフォーカスしています。Apple News+はiOSのデバイスを通じて数百万に読者にこれらの価値を届ける素晴らしい能力と環境を提供してくれることでしょう。」

コンデナスト Bob Sauerberg社長兼CEO
「私達は常に読者とどのように繋がるべきか模索を続けており、読者が好むプラットフォームに私達のコンテンツを届けようとしてきました。Apple News+は、さらに数百万人の読者に対してプレミアムなコンテンツを届けるための刺激的な機会であり、読者にとっても人々を動かすようなジャーナリズム、今までにない視点、比類なきビジュアルストーリーテリングを我々のブランドから得られる機会になるでしょう」

News Corp Robert Thomsonチーフエグゼクティブ
「私達はジャーナリズムを信じるアップルと共に仕事をすることをとても光栄に思っています。ウォール・ストリート・ジャーナルは米国で最も信頼される新聞であり、そのカバーは政治、ビジネス、経済、全国ニュース、ライフスタイルなど多岐に渡ります。私達はアップルのプラットフォームを通じて更に多くの人々にリーチすることを期待しています。」

ロサンゼルス・タイムズ Norman Pearlstineエグゼクティブエディター
「Apple News+は私達のニュース、分析、提言を伝えるために最適なプラットフォームです。私達はカリフォルニアのルーツや、イノベーションや卓越性に対するコミットメントから生まれるビジョンを発信していきます。」