株式会社電通、株式会社電通国際情報サービス、株式会社電通tempo、株式会社電通クリエーティブXの電通グループ4社は、チラシの画像及び文字データから音声付きYouTube動画を自動生成するシステム「Dynamic3」(ダイナミックスリー、特許出願中、以下「本システム」)を開発したことを発表しました。

開発の背景

チラシ市場は昨今の紙の価格高騰、折込広告の縮小により、デジタル化が急務の課題となっています。一方、動画広告は5Gの登場など通信環境の劇的進化に伴って市場が著しく成長し、注目されています。しかし、制作時間とコストが掛かる点が課題となっており、日付や価格等の情報が短期間で変動するチラシには不向きと考えられてきました。

本システムでは、チラシのデータをそのまま使用するため、日付や価格表示の誤りを防ぐだけでなく、従来の動画制作に要していた時間とコストを大幅に圧縮します。また、自動生成されたYouTube動画広告は、より精度の高いターゲティングが可能で、チラシが届かない購買層にも数多く届けることができ、スーパーマーケット、ドラッグストア、自動車ディーラー、衣料品、不動産、飲食店等、紙のチラシを利用している幅広い業種での来店促進に寄与します。

本サービスの概要及び特徴

  • システムによる動画化の実現:チラシの下版素材をそのまま使用し、自動でYouTube動画広告を制作するため、日付や価格表示の誤りを防ぎ、時間とコストを大幅削減。
  • 訴求商品(ポイント)を3つに限定:クリック率を高める工夫として、訴求商品を3つに限定。この限定により1つのチラシデータから多数のバリエーションを容易に作成。
  • 自動音声の採用:Google音声APIを活用し、自動音声でのナレーションを提供。
  • 配信メディアをYouTubeに限定:配信メディアをYouTubeに絞る事により、デジタルによる告知からリアルの来店計測まで一連の購買行動をGoogle のサービスを活用し、スピーディーかつコストパフォーマンス良く検証可能。