株式会社アドウェイズが5日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高90億2600万円(前年同期比▲21.1%)、営業利益▲1億900万円(-%)、経常利益▲7500万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2億6600万円(-%)となりました。

当第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日)の当社グループにおける連結業績は以下のとおり、前年同期に対して売上高は減収、利益におきましても減益となりました。

営業利益は、販売費及び一般管理費が減少したものの、売上高が減少したことにより109,625千円の損失(前年同期は411,556千円の利益)、経常利益は、営業利益が減少したものの営業外収益の持分法による投資利益が増加したこと等により75,484千円の損失(前年同期は318,857千円の利益)となりました。

広告事業は、スマートフォンアプリ向け広告サービス「AppDriver」及び「UNICORN」、モバイル向けアフィリエイト広告サービス「Smart‐C」、PC向けアフィリエイト広告サービス「JANet」を中心に、日本でのインターネット上で事業展開を行う企業に対して、インターネット広告を総合的に提供してます。

当第1四半期連結累計期間における広告事業のスマートフォン向け広告は、「UNICORN」が堅調に売上高を伸ばしたものの、前第1四半期連結累計期間に受注した海外の大型ゲームアプリクライアントからのインバウンド案件予算が減少したこと等により、売上高は4,525,048千円となりました。PC向け広告は、金融関連企業及びECクライアントの広告予算縮小により、売上高は3,567,594千円となりました。この結果、広告事業の売上高は8,092,642千円、セグメント利益は416,096千円となりました。なお、スマートフォン向け広告は主にアプリ向け広告の売上高で、スマートフォンブラウザを介したweb広告の売上高はスマートフォン向け広告ではなく、PC向け広告に含まれてます。

メディアコンテンツ事業は、連結子会社である株式会社サムライ・アドウェイズにおいて主に士業向けのポータルサイト等の運営を行ってます。当第1四半期連結累計期間は、事業が堅調に推移したこと及び、前第1四半期連結会計期間にADWAYSTECHNOLOGYLIMITEDにおいてMBOが行われ、連結範囲から除外した事等により、売上高は150,557千円、セグメント利益は15,157千円となりました。

海外事業は、中国・香港・台湾・韓国・米国・シンガポール等において、現地企業と各国における外国企業を対象として、インターネットマーケティングの総合支援サービスを提供してます。当第1四半期連結累計期間における海外事業は、前第1四半期連結会計期間にADWAYSTECHNOLOGYLIMITEDにおいてMBOが行われ、連結範囲から除外した事等により、売上高は705,116千円、セグメント損失は94,023千円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高432億円(前年同期比3.2%)、営業利益7億3000万円(1.0%)、経常利益7億7000万円(▲14.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億5200万円(▲65.8%)としています。