株式会社クリーク・アンド・リバー社は株式会社ジェイアール東日本企画と共同でデータドリブンマーケティング事業を推進する新会社「株式会社jeki Data-Driven Lab」(JDDL)の設立を決定しました。

新会社設立の経緯・目的

近年、デジタル化の進展により消費者行動は様々な側面からデータで捕捉できるようになりました。また、そのデータを活用した情報分析とデジタルマーケティングの重要性は高まってきています。

その中でC&R社は、15分野でプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開し、様々な分析業務のプロデュースなど、データ分析技術を活かしたデジタルデータマーケティング領域での実績を積み重ねてきました。

また、jekiは、JR東日本グループが展開するWebサイト及びスマートフォンアプリケーションのアクセスログなど各種データを基盤とした“jeki「移動者DMP」”をリリースし、その開発及び活用に関して様々な取り組みを行っております。 

今回の合弁会社設立により、ジェイアール東日本企画及びグループのデータドリブンマーケティング事業等と、クリーク・アンド・リバー社及びグループのデータ分析者のエージェンシー事業及び、プロフェショナルのアイデアやノウハウを融合するとしています。

設立会社の概要

  • 社名:株式会社jeki Data-Driven Lab(略称:JDDL)
  • 設立:2019年9月10日(火)
  • 予定本店所在地:東京都渋谷区恵比寿南一丁目5番2号 恵比寿JEBL6階
  • 代表者:代表取締役社長 萩原浩平(株式会社ジェイアール東日本企画 上級執行役員 デジタル・ソリューション局長)
  • 資本金:80,000千円
  • 出資比率:株式会社ジェイアール東日本企画60%、株式会社クリーク・アンド・リバー社40%事業内容:データドリブンマーケティング事業、R&D事業、データ活用業務支援事業