D2C X、訪日外国人観光客向けメディア「tsunagu Japan」にインドネシア語を追加…全7言語に対応

複数の海外向けメディアを運営する株式会社D2C Xは、同社が運営する訪日外国人観光客向けWebメディア「tsunagu Japan」の対応言語に新たにインドネシア語を追加したことを発表しました。

「tsunagu Japan」は、訪日観光客が日本の観光情報を調べるメディアとして、英語・中国語(繁体字/簡体字)・タイ語・ベトナム語・韓国語・インドネシア語の7言語に対応。各国のカルチャーに精通するネイティブスタッフが外国人視点で編集した日本のおすすめレストランやお土産情報、観光コースなどをWebサイトやSNSを通じて提供しています。今回新たにインドネシア語に対応することで、近年増加が著しいインドネシア人訪日観光客にも情報提供が可能になりました。

「tsunagu Japan」はより便利で使いやすいサービスを目指し、今後も対応言語の拡大やコンテンツの強化、UIの改良などを継続して行っていくほか、将来的には「ホテル」、「レストラン」や「文化体験」などをサイトから直接予約できるようにするなど、訪日客の旅行体験を向上させる機能を強化していくとしています。

「tsunagu Japan」インドネシア語版サイトイメージ
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事