在留外国人向けプラットフォームを運営するGuidable株式会社は、プレシリーズAラウンドにおいて、総額7,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。TIS株式会社やSocialEntrepreneur2投資事業有限責任組合(PE&HR株式会社)、個人投資家が主な投資元です。

また本ラウンドの資金調達に合わせ、TIS株式会と資本業務提携を締結しています。

在留外国人向けプラットフォーム 「Guidable」は、「外国人と日本人の境界線をなくす」という理念のもと、日本で暮らす、暮らしたい外国人向けに様々なサービスを展開するソリューションです。一例として、外国人向け求人サービス「Guidable Jobs」では、登録者数の拡大に伴い、1求人あたりの月間平均応募者数が30名を超えており、法人取引社数も250社を突破しています。

今回の資金調達では、在留外国人に対するサービスのプロモーションを強化するほか、法人顧客の新規開拓を目指します。また、TISとの資本業務提携においては、Guidableに登録済みの外国人留学生をTISに紹介することで、同社のインキュベーションセンターが検討している新規事業の立ち上げに寄与していくとしています。