Instagramは2019年10月4日、単独メッセージアプリ「Threads(スレッズ)」をローンチしました。アプリの活用で写真や動画を通じたやり取りがこれまでより気軽に出来るようになります。

Threadsの開発背景

Instagramはこれまで、利用者が写真や動画などビジュアルをシェアして大切な人と繋がることができる機能を導入しています。Instagramストーリーズでは、毎日のちょっとした時間が共有できます。また、メッセージをやり取りするダイレクト機能などもあります。

ところが、利用者は特に身近な親友とは1日を通してより密接にコミュニケーションをとり、「何をしているか」「何を感じているか」を写真や動画で共有したいことが分かりました。

そこで、親しい友達とのメッセージのやり取りに特化した「Threads」の開発に至ったとのことです。

Threadsの機能

■「親しい友達」専用のメッセージアプリ

Threadsでは、2018年11月に追加された「親しい友達リスト」のアカウントとメッセージのやり取りが可能です。ダイレクトメッセージは専用の受信箱に届きます。

■瞬時に写真と動画をシェア

Threadsを活用すると、Instagram上で親しい友達に写真や動画を最速でシェアできます。アプリを開くと最初の画面にカメラが表示されます。やり取りが多い友達をショートカットとして追加すると、写真や動画を撮影してから2回タップするだけですぐに共有できます

■ステータスで友達の状況をチェック

Threadsで用意された「ステータス」には「勉強中」「考え中」「移動中」などが選択できます。オリジナルのステータスを作成することもできて、自分の状況のシェアが可能です。

■ダイレクト機能はこれまで通り使用可能

Threadsには親しい友達リストにあるアカウントのやり取りだけが表示されます。これらのメッセージはインスタグラムのダイレクト機能にも表示されるため、どちらのアプリでも会話を続けることができます。