イード、合弁会社「株式会社イデア」を設立富士山マガジンサービスと雑誌ブランドを活用した通販を行う

株式会社イードは、日本最大級のオンライン雑誌書店「Fujisan.co.jp」を運営する株式会社富士山マガジンサービスと合弁会社「株式会社イデア」を設立したことを発表しました。新会社では、出版社向けのECサイト運営支援事業及び雑誌の世界観に基づくEC店舗の運営を共同で行っていくとしています。

新会社「イデア」では、これまで両社が個別に行ってきた、雑誌ブランドを活用したECサイト運営支援事業・EC店舗の運営事業を統合。富士山マガジンサービスが保有する約300万人のざっし定期購読者データベースを活用しての通販事業に加え、イードのECサイト運営ASPサービス「marbleASP ECサービス」と、店舗運営に不可欠な商品企画・商品調達のためのマーチャンダイジング(MD)機能を出版社に提供できるようになりました。

クロス・ブランディングによって雑誌の新しい価値創出を目指す

イデアの事業は、ECサイト運営で出版社が求める、読者・顧客のインサイト・本質を見据えた「ストーリーのあるプロフェッショナル・ツール」を提供するのみならず、百貨店顧客×雑誌ブランド、テレビ番組視聴者×雑誌ブランドといった、雑誌ブランドを活用した通販事業をプロデュースすることで、雑誌の新しい価値を創出することを目指すとしています。

■新会社の概要
会社名:株式会社イデア
所在地:東京都渋谷区南平台町16-11-7F(富士山マガジンサービス内)
代表者:代表取締役 松延秀夫(現 富士山マガジンサービス ディレクター 兼 株式会社magaport 取締役)
事業内容:出版社向けのECサイト運営支援事業、自社でのEC店舗運営事業

は株式会社イードによって運営されています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事