Zホールディングス(ヤフー)、LINEおよび両社の親会社であるソフトバンク、NAVERの4社は、ZホールディングスとLINEを2020年中に経営統合することで基本合意したと発表しました。12月中にも正式な契約を目指します。

まずソフトバンクとNAVERがLINEの完全子会社化および非公開化を目指して共同で株式公開買付を実施。さらに組織再編等の方法でソフトバンクの保有するZホールディングスの株式をLINEに移管。ソフトバンクとNAVERが、LINEの株式保有を50:50にする取引を実施。LINEが子会社を設立して、事業を移管。新会社とZホールディングスが株式交換を実施します。

取引成立後はソフトバンクとNAVERが50%ずつを保有する会社がヤフーとLINEを子会社に置くことになります。

今後の日程は以下の通り。

Zホールディングスの川邊社長によれば17時より記者会見を実施するとのことです。